古代の拷問「スカフィズム」が残酷で怖い!死ぬよりも酷い極刑だった!

腹裂きの刑

johnhain / Pixabay

主にオリエント、地中海沿岸などで行われた処刑方。罪人の腹部を刃物で裂き、小腸を抜き出します。抜き出した小腸は荷物運搬用の機械に巻き付けて晒しものとされまいた。罪人は内臓を取り除かれたショックによる大量出血死で絶命しますが、出血が少ない場合は長時間苦しんだのちに死に至ります。観衆の見学の中行われるので、見せしめとしての効果が高かったそうです。

ファラリスの雄牛

WikiImages / Pixabay

ファラリスの雄牛とは、古代のギリシャで造られた処刑専用の装置の名を指します。真鍮を使って造られた雄牛の像で、雄牛の胴体は空洞になっており、罪人はその中へ入り像の下で焚かれる火によって焼き殺される仕組みになっています。像が金色になるまで焚き続け、焼かれながら苦しむ罪人の叫び声が、あたかも牛の鳴き声の様に聞えたといいます。

日本の残酷な処刑方法

昭和の初期頃まで拷問文化が密かに根付いていた日本。ここでは主に戦国時代から江戸時代に広く知られていたとされる拷問、処刑方法をいくつかご紹介します。

石抱き責め

主に江戸時代に採用されていた拷問方法。処刑とは異なり、罪を自供させる為に使われた拷問です。三角錐を組んだ形状の木組み板に罪人を正座させ後ろ手で縛り、背後の柱に括り付け、膝に石を乗せることで苦痛を与える手法でした。口を割らない場合は少しずつ石の量を増やして自供を促したといいます。

三角木馬

LunarSeaArt / Pixabay

背面が尖った形状になっている木馬。戦国時代から昭和初期までと、近代まで使われていた拷問器具であり、SMプレイの道具としても知られています。使用時は罪人が拷問台から落下しないよう天井から吊るし、脱衣した状態で木馬に跨らせ股間に痛みを与えるなどして自供促進に利用されました。

釜茹での刑

geralt / Pixabay

人が入るほどの大きな窯に熱湯や油を入れ、罪人を茹で殺し死刑にするために用いられた拷問方法。古代中国での逸話に多く登場する他、日本の歴史上においても石川五右衛門が釜茹での刑によって処せられたエピソードで有名です。

ホラーファンを魅了するスプラッター映画

darksouls1 / Pixabay

「怖いもの見たさ」は人の性。目を背けたくなるのに何故か見てしまう、一見の価値ありなスプラッター映画をピックアップしてご紹介します。

SAW(ソウ)

SAW

Amazonで見る

言わずと知れたアメリカ発のサイコスリラー映画。過激な描写が多くR15指定に認定されており、現在8作目までリリースされている大人気シリーズです。物語のカギを握るのは、正体不明の猟奇殺人鬼「ジグソウ」。毎回予想がつかないハラハラするストーリーと直視出来ないグロテスクなシーンが魅力。

NEXT ムカデ人間