古代の拷問「スカフィズム」が残酷で怖い!死ぬよりも酷い極刑だった!

ムカデ人間

Amazonで見る

スプラッター映画で真っ先に鑑賞注意の作品を挙げるとすれば、この映画が出てくるであろう問題作です。元シャム双生児の分離手術分野で名医として活躍していた男が、3人の人間を連結させた「ムカデ人間」を作ろうと試みるストーリー。不運にも巻き込まれた2人の白人女性と日本人男性。常軌を逸した展開が続く中待ち受けるラストは必見です。

マーターズ

Amazonで見る

2008年公開のフランス産スプラッター作品。ホラーやスプラッター映画ファンの間でも、いわゆる「胸クソ映画」として有名ですが、それは決して映画の出来が悪いという理由ではありません。長期間拉致監禁されていた少女に向けられる不条理な拷問・虐待。またラストは釈然とせず、視聴者に考察の余地を残します。「マーターズ」というタイトルに隠された意味をぜひ確かめて下さい。

ドント・ブリーズ

Amazonで見る

ゴーストタウンと化したアメリカ合衆国デトロイトを舞台としたスリラー映画。不遇な生活を送る主人公3人はこの退廃した街から逃げ出そうと、資金確保のために強盗を目論むシーンから物語は始まります。しかしターゲットに選んだ家に住むのは、盲目であるが故に超人的な聴覚を持つ、元軍人という経歴の老人。音を立てれば殺される、緊迫したシーンの連続に思わず息をのみます。

サプライズ

Amazonで見る

郊外の別荘に集まる大家族の下に、遺産狙いの謎の集団が襲い掛かる2011年公開アメリカのスプラッター作品。動物の覆面を被った猟奇殺人鬼達に次々と家族が殺されていくスピーディーさと、様々な罠にかけられ、これでもかとグロテスクな方法で死んでいく登場人物達。残虐シーンが詰め込まれた、アメリカ映画ならではの作品です。

拷問の歴史を知る

Pexels / Pixabay

記事では紹介しきれなかった世界中に溢れる様々な拷問。その種類や背景などを知ることによって、より歴史の裏側まで近づいていくことが出来ます。拷問の世界をより深く知りたいあなたへオススメする、歴史を紐解く参考書をご紹介します。

拷問・処刑・虐殺全書―現代も行なわれている残酷刑のすべて

拷問・処刑・虐殺全書―現代も行なわれている残酷刑のすべて

Amazonで見る

人が持つ残虐性を露にする、史実に基づいた拷問の歴史が掲載された拷問・処刑・虐殺全書。虐待や理不尽な暴力としての拷問ではなく、刑罰による見せしめの意味での拷問文化が息づいていた時代の中でも、近代よりのエピソードが多く収録されています。

NEXT 処刑の文化史