内山牧場キャンプ場でさわやか高原キャンプ|夜の満天の星空も必見!

バイクツーリングにもおすすめ

内山牧場キャンプ場は、バイクのツーリングで利用しても面白い場所です。景色はいうまでもなく素晴らしいので、目的地としては申し分ありません。到着後は、単車1台1,100円の料金で、フリーサイトのキャンプ場を利用することができます。

内山牧場キャンプ場に予約は必要?

通常、キャンプ場を利用する場合は、事前に予約をする必要があります。そして、予約日の前日やその前に、天気予報を見て微妙だと判断した場合は、キャンセルの連絡を入れます。しかし、内山牧場キャンプ場は、事前に予約の必要がなく、現地に到着して受付をする仕組みです。

フリーサイトエリアは予約不要

見渡す限りの広い範囲に拡がるフリーサイトエリア。その効果なのか、大人数を受け入れる懐が深いので、予約不要で成立しています。場合によっては、予定を立てたタイミングがギリギリでも、キャンプをすることが可能です。チェックインの受付は、13時から山荘あらふねで行うことができます。利用時間は、翌日10時までです。

GWや休日は混雑に注意

自然に囲まれた中の敷地が広いキャンプ場ということで、とても人気があります。連休時には利用者が多く訪れ、賑わいを見せます。GWや休日の際は、余裕があれば少し早めに訪れて、受付を済ませてお気に入りの場所に陣取りましょう。また、高速道路などでは渋滞が予想されるので、道路情報の確認を怠らないようにして下さい。

内山牧場キャンプ場のそのほかの宿泊施設

車を乗り入れてキャンプができるオートキャンプ場の他に、宿泊可能な施設があります。このエリアを利用する上でお世話になる山荘あらふねとバンガローがあるため、テント泊に不慣れな方、抵抗がある方は、これらの施設を利用しましょう。

山荘あらふね

キャンプ場の受付から、食事処など様々な役割を持つ山荘あらふねは、公共の宿でもあります。土曜日や祝前日などの普通は料金が割高になるタイミングでも、変わらない料金設定なので利用者にとても優しいです。料金は、1泊2食付きで8,200円となります。ご宿泊予約をした方は、佐久平駅から山荘あらふねまでの無料送迎を利用できます。

バンガロー

バンガローという小屋を、予約することで利用できます。5人用となり、1泊5,400円です。宿とキャンプ場でのテント泊の中間に位置するような使用環境で、道具を持ち込んで自身で料理などをするので、アウトドア感があります。

内山牧場キャンプ場の施設・設備情報

キャンプ場で快適に過ごすための条件として、トイレ環境や汗を流して体を綺麗にできる設備はとても重要です。また、バーベキューをするときに忘れ物をした場合は、現地で道具を購入できるかも気になる所です。内山牧場キャンプ場は、これらの条件をしっかりと満たしているので安心して利用できます。

NEXT お風呂