シャッドテールのおすすめ15選と使い方!バスからソルトまで大活躍!

目次

太めボデイとしっかりテールで波動充分

ウォブンリングに優れ、水噛みが良いのでベイトフィッシュの波動が生まれやすい構造になっています。うまくベイトが合えば入れ食いとも言える釣果をもたらし、針持ちが良いのでコストパフォーマンスにも優れています。

高い汎用性

ノーシンカー、ネイルリグ、スコーンリグなど幅広い組み合わせに対応可能、臨機応変な戦略を立てながら釣りを楽しむことができるのはたいへん嬉しい機能であるといえます。今までの釣りではアピール力が足りない時のステップアップとして選択肢に入れると良いでしょう。

シャッドテールワームを使いこなす

いかがでしたでしょうか、シャッドテールワームは小魚を模したワームですが、その中でも種類は豊富にあり、目的や使用方法も大きく異なります。大物はフィッシュイーターが多く、シャッドテールを使うことで今まで釣り上げたことのない大物に出会えるかもしれません。

ジグヘッドの取り付け方

基本的には好みのリグで実践して行くのが良いですが、シャッドテールはジグヘッドとの相性がたいへん良いです。そしてジグヘッドはなるべく真っ直ぐに挿入する必要があるため、こちらの動画を参考にしていただけると良いと思います。

ダウンショットリグもオススメ

ダウンショットリグもシャッドテールとの相性は抜群で、安定した深度で泳がせ、バイトを狙うことが可能です。こちらの動画を参考にしていただければその魅力がいっそうお解りいただけるかと思います。

自分に合ったスタイルを見つけよう!

シャッドテールワームだけでも沢山の種類があり、ダウンショットリグやテキサスリグ、もちろんノーシンカーだったり、スコーンリグなど、誘い方も様々です。ワームはルアーに比べて安価である場合が多いため、様々なスタイルも試しやすいというメリットがあります。

ワームは自然に分解される?

最近のワーム(特にソルト)は水中で自然分解されるように作られています。しかし、製品によっては分解され辛い物もあるため、ワームの購入を検討される場合はその点も考慮して選ぶことによって釣り環境の保護に繋がり、後世に繋げることができます。

マナーを守って楽しく釣りをしよう

これは主に淡水釣りに言えることなのですが、環境や資源保護の観点からワームの使用を禁止されているスポットも存在しています。また、ワームが禁止されていなくてもルアー釣りを楽しんでいる人の近くでワームを使用することもトラブルの元になりやすいため、事前に下調べをして釣りに臨みましょう!

ワームに関する記事はこちら