ヒラメをサーフで釣ろう!浜松や茨城など人気サーフでの釣果情報まとめ!

ルアー

ルアーを選択する。これこそが、ルアー釣り最大の面白さでもあり、難関でもあります。どのレンジをどのように泳がせるか、色はどうする。その日のベイトは? ヒラメにジャストフィットするルアーとアクションを探し出すことこそ、この釣りの醍醐味です。

ソフトルアー(注目のハウル)

 

Amazonで見る

一般的にはジグヘッドにワームを付けます。ソフトルアーのほうが、ワーム自体にも匂いも付いているし、動きが滑らかなのですが、飛距離がでないという弱点を持ちます。それを軽減して注目を浴びているのがハウルです。

ミノー・プラグ

Amazonで見る

飛距離を稼ぎ、安定した釣果を見せているのはやはりミノーのようです。一般的にはまづめ時や濁りが入っているときには金赤やイエローのようにアピールの強い色、澄んだときにはナチュラルカラーやピンク、ブルーピンク、グリーン系を選ぶといいとされています。

バイブレーション

Amazonで見る

さらに飛距離を伸ばしたいときや、ミノーとは違ったぶるぶると震えるアクションでヒラメにアピールしたいときには、バイブレーションがおすすめです。ティップアクションを加えなくても十分にアピールしてくれるでしょう。

メタルジグ

Amazonで見る

何と言っても飛距離ならジグ。広い範囲で探れます。ただしアクションんいは練習が必要かもです。キャスティングロッドに太いラインにすれば、80gのジグで150mの遠投もできます。プレッシャーのかからないポイントでの釣りが思わぬ大物に出会えることもあるでしょう。

浜松のサーフでヒラメを釣ろう!

浜松サーフの特徴は、有名な中田島砂丘のように浜がだだっ広いところから、浜名湖周辺~愛知県境のように浜が短くクルマでアクセスしやすい地形変化にあります。浜名湖を探るときには岩礁が多いので根がかり、根連れ対策をしたほうがよいでしょう。

NEXT 9月後半から大型が期待できる