地獄絵図って本当はどんなもの?どこで見られるのかまで徹底調査!

奈良県「長岳寺」

真言宗の開祖である空海により創建され、多くの重要文化財を有する寺社です。貴重な文化財が多く見られるなか、とりわけ有名な展示物が安土桃山時代に描かれた極楽地獄図です。地獄絵図の大きさは縦3.5メートル・横幅11メートルにも及び9つの掛け軸に分けて描かれており、全て揃って一枚の絵となる構図になっています。冥界への入口である賽の河原から、八大地獄、極楽浄土までを描きストーリー仕立てのような作品になっており、希望者には住職より地獄絵図の絵解きが行われます。

施設詳細

  • 住所:奈良県天理市柳本町508
  • TEL:0743-66-1051
  • http://www.chogakuji.or.jp/
  • 参拝料:大人400円
  • 公開日:10月23日~1月30日

福岡県「東長寺」

奈良県の長岳寺同様、博多に渡ってきた空海によって創建された最も古い寺社で、九州八十八カ所霊場の一つでもあります。敷地内には福岡藩主の黒田家の墓所があるほか、日本最大級の福岡大仏や、高さ23メートルを誇る五重塔など文化財が多く存在します。福岡大仏の台座には「地獄・極楽巡り」と呼ばれる空間があり中へ入ることが出来ます。まず初めに精工な地獄絵図のレリーフが飾られており、その先は一寸先も見えない暗闇が広がります。その暗闇の中にある「仏の輪」と呼ばれる輪を掴むことが出来れば極楽浄土へ行けると言われれています。

施設詳細

地獄絵図って海外にもあるの?

Mariamichelle / Pixabay

閻魔大王や餓鬼など古くから日本で知られるキャラクターたちが跋扈しているイメージの強い地獄ですが、そもそも古代インドから伝播した文化であることから、日本以外にも仏教が広く普及している国々では地獄を彷彿とさせる雰囲気の寺社は多く存在します。

海外にも地獄絵図を見られる場所はある?

stokpic / Pixabay

ここからは海外に目を向けて、日本のお寺で見られる地獄絵図とは一風変わった地獄の世界観を間近に見ることができるスポットをご紹介します。

タイの地獄寺

3万軒以上もの寺院があるとされる仏教王国タイ。国民のほとんどが仏教徒であることから、仏像を参拝するなどの文化が国民全体に根付いており、日本の寺社参拝と似たような形式になっています。建物は日本のお寺とは異なり、金や派手な装飾で施された華美な様式です。ワットパイロンウアでは幾体もの仏像を見学することができ、極楽浄土を意味する菩薩像コーナーから、戒めを意味する地獄絵図コーナーまで死後の一連の流れを現しているような仏像が無数に飾られています。特に地獄絵図コーナーはグロテスクな像も多く、ワットパイロンウアの別名が地獄寺といわれる所以になっています。

NEXT 台湾の地獄寺