バンコンのおすすめ16選!種類別の人気車種と魅力をご紹介!

バンコンとキャブコンの比較

まさにキャンピングカーという感じのキャブコンは、意外と街中でも見かける機会も多いのでは?目立つのが好きな人ならいいかもしれませんが、あまり日常使いには向かないかもしれません。

バンコンは日常使いで違和感がない

たまに駐車場や街中でキャブコンが走っているのを見かけることがありますよね。キャブコンは、バンクヘッドを搭載していることによって、いかにも「キャンピングカー」というシルエットをしており、日常使いだと少し目立ちますので、あまり向いていないといえます。

一方のバンコンは、ハイエースなどのシルエットはほとんどそのまま残したデザインとなっているので、日常使いでの違和感もあまり出ないのがメリットです。

バンコンは立体駐車場に入れられる

立体駐車場は、限られたスペースでなるべく多くの車両を注射することができるように備えられている設備です。そのため、どちらかといえばメジャーな車向けのサイズ感で作られており、大型車両は対象としていません。平均して、2~2.25mで制限がかけられているため、2.7m以上のものが多いキャブコンは入れにくい高さとなっているのです。

バンコンは高速道路での運転が安定している

前項でも述べている通りですが、キャブコンは一般車両と比べると圧倒的に車体が高いです。そのため、目線が高くて視野が広いという利点もありますが、高速道路での運転の際は風にあおられ、ハンドルをとられる危険性がありますのでスピードを出すことができません。

キャブコンの方が居住性に優れている

トラックをベースとして使っているキャブコンの最大のメリットはなんといっても居住性の高さです。バンコンと違い、成人男性が直立して家の中にいるように過ごせるだけの室内空間の広さというのは、長旅においてストレスが溜まらない最大のポイントではないでしょうか。

バンコンとバスコンの比較

普段は運転する機械などないような大型車種であるバスコンは、乗りこなすにはそれなりの経験が必要です。購入する際には、諸費用やサイズ感をよくチェックしましょう。

バンコンの方が本体価格が安い

サイズ感が異なれば当然値段も大きく変わってきます。大型車種であるバスを改造したバスコンは1000万円を超えるものも多いですが、一方のバンコンは新車でも400万程度から購入できるものが多いので手が出しやすいです。

大型車両のバスコンは3か月ごとの定期点検などの維持費、燃費の悪さなども考えると、長期的に見ても費用がかさむ車種となりそうです。

バンコンは駐車しやすい

大型の車種になればなるほど、駐車は難しくなりますね。全長が6m以上にもなるバスコンは、駐車スペースが限られてきますので、街中で駐車可能な場所を探すのは難しくなってきます。

NEXT バスコンは乗り心地に優れている