防水バックパックのおすすめ25選!防水と完全防水の違いや選び方も!

防水スプレー

防水スプレーをすることによって、生地の表面で水を弾くようになります。但し、これはあくまでも撥水なので完全に濡れないというレベルまでにはなりません。また、生地の素材と防水スプレーの組み合わせでNGのものもありますので、防水スプレーを購入、使用する前には必ずご確認ください。

防水バックパックを長く使いたい!お手入れ方法は?

防水バックパックと言われると、何だかすごくタフそうな気がして、雑に使ってしまったりお手入れが不要に思ってしまいがちです。ちょっとした心がけとお手入れをするだけで、防水バックパックが長持ちするかどうかは大幅に変わってきます。ここではなぜお手入れが必要なのか、ということとオススメのお手入れ方法をお伝えします。

ダメになってしまう原因

Pexels / Pixabay

防水バックパックがダメになってしまう原因としては2つあります。1つ目は水濡れです。防水バックパックだから水濡れは当たり前だと思いますが、使った後そのまま放置していてはいけません。放置していると腐食の原因になってしまいます。2つ目は汚れです。汚れを放置しておくと、そこから生地が変質して防水効果が薄まってしまう可能性があります。

防水バックパックのお手入れ方法

まず水濡れに対しては、使用後水気を十分に切ってから、風通しのいい場所で陰干しをするようにしてください。少なからずダメージを受けるので、直射日光に当ててはいけません。また、汚れてしまった場合には拭き取ったり、手洗いしたりと面倒くさいので、使用する前に防水スプレーをかけておきましょう。汚れが拭き取りやすくなります。

防水バックパックで大事な荷物を完全ガード!

この記事では防水バックパックについてご紹介してきました。普段あまり意識していなかった「防水」という観点を考えると、意外と日常生活レベルでも便利なものだとご理解いただけたでしょうか。最近では防水バックパックについても、おしゃれなものが多数出回っていますので、ファッションにこだわりのある人も一度防水バックパックを検討してみてはいかがでしょうか。