タトゥーラHDカスタムのすべて!ダイワのパワー系リールを大解説

シーバスを狙う

先程ご紹介しました、シーバスをタトゥーラHDカスタムで狙っていくメリットについて説明していきたいと思います。

スピニングリールと違って、たしかに慣れるまではトラブルは多くなってきますと思いますが、それ以上に感度であったり、ピンポイントでキャストできたりと、繊細な事もできます。

ベイトリールのメリット

やはり一番のメリットは、感度ではないかと思います。手で包み込んで使用するベイトリールでは流れの強弱も感知しやすいです。

ビックベイトといっても、大雑把なつりをイメージするかもしれませんが、いざすることはとても繊細で大きなルアーを使っての流れのヨレを探すなど、感度が重要になってきます。

さらには、橋脚や、ストラクチャーの際を狙ってヒットさせても、そのパワーでストラクチャーに巻かれる事なく釣りあげる事ができます。

オフショアで釣り

タトゥーラHDカスタムには、ハイギア設定もありますのでオフショアでのルアーフィッシングにもご使用になれます。大物狙いのオフショアでの釣りには向いていませんが、ライトジギングなどの釣りには向いていると思います。

タチウオ

その中でもタチウオジギングなどには使いやすいと思います。使用するメタルジグの重さも、おおよそ60gから120gまでですし、水深があるような場所でも糸巻き量の多さもありますので、こういった魚を狙う場合ですとオフショアでの釣りにも、ご使用になれます。

シーバスやブラックバスなどとは違った引きも楽しめますが、何より塩焼きやお刺身など食味が絶品です。

タトゥーラHDカスタムにおすすめのpeライン

ここではベイトキャスティングに適しているpeラインについて説明していきたいと思います。ベイトタックルはライン選びによって、天と地ほどの快適さが変わりますので、peラインなら何でもいいやという事ではなく、しっかりとラインを選んで頂いて、より快適にタトゥーラHDカスタムをご使用なられて頂きたいと思います。

PEラインを選ぶポイント

ベイトリールに適しているpeラインの条件は、2つあると思います。一つは、peラインそのものにハリとコシがあり、硬さもあるということです。

もう一つは、peラインの表面が滑らかであることだと思います。ベイトリールを使っていて最も多いトラブルというのがバックラッシュという、スプールに巻いてあるラインにスプールから出ていくラインが噛んでしまってラインが放出されずにラインが切れてしまうトラブルだと思います。

どのようなPEラインがいいのか

ハリやコシの強いpeラインは負荷がかかったとしても、もとの形を保とうとする力が働きますので、ライン同士が噛みにくくなります。また表面が滑らかであれば、ライン同士が噛んでしまったとしても抜けやすいために、ライントラブルは減少すると思われます。

タトゥーラHDカスタムは太糸使用になっていますので、ご使用になれるpeラインも1.5号から2号以上のラインが適していると思います。

45lbライン

タトゥーラHDカスタムは太糸使用になっていますので、このぐらいの強度のあるpeラインを、ご使用になられるのも良いのではないかと思います。

だいたいpeラインの号数でいうと3号くらいはありますので強度は申し分なく、3~5号あればバックラッシュなどのトラブルも起きにくと思います。

テキサスリグや、ラバージグでのカバー撃ちでも奥までしっかりとルアーを送りこんで、ラインのパワーを生かして引きずり出せるパワーのある太さのラインです。

ベイトリールの糸の巻き方などは、こちらもご参照下さい。

NEXT 56lbライン