ハーメルンの笛吹き男は実在した!?最古の集団失踪事件の真相に迫る!

ハーメルンの笛吹き男に並ぶ集団失踪事件②

kryzoxstv / Pixabay

海上で事故や山中での行方不明事件などは世界中で耳にするエピソードですが、都会の真っ只中で急に人が消えてしまったとしたら、それはミステリー以外の何物でもありません。

ダショー事件

EliasSch / Pixabay

1965年夏、スウェーデン南部のヨーテポリに住む3人の若い男性が行方不明になりました。3人はヨーテポリの造船所に務める仕事仲間で、事件当日はキャンプへ出かけると言い残していたそうです。しかし、その日はあいにくの空模様で、とてもキャンプを出来るような状況ではありませんでした。

事件の全容

SimpleMediaKit / Pixabay

最後に3人が目撃されたのは家族に借りた青い車で街中を走っていた姿です。それ以降の消息は一切分かっていません。更に同日、同じ街に住む美大生の若い男性も消息を絶っており、家族あてに「心配しないで」とハガキを出したきり現在に至るまで発見されていません。

真相とされている仮説

TBIT / Pixabay

4人の男性が失踪した当日、ヨーテポリの銀行で白昼の銀行強盗事件が発生しました。犯人は2人組で銃を携行しており、片方の男は女装姿であったとされています。現金強奪後、一時は逃走しますが、日を待たずに逮捕されました。この事件が4人の失踪と何らかの関係があるのではないかと言われています。

その他奇妙なできごとはこちら

童話として語り継がれる事件

Comfreak / Pixabay

ハーメルンの物語をはじめとした子供向け童話には、表面を見ただけでは分からないダークな意味合いが含まれたものが多く存在します。世界中に溢れるファンタジー作品の裏側に隠された真実を探してみてはいかがでしょうか。

他の事件に関する記事はこちら

世の中の奇妙な出来事に関する記事はこちら