「古代の亀」アーケロン|史上最大の亀の知られざる生態に迫る

アーケロンの天敵は?

miniformat65 / Pixabay

水中の生存競争も陸上のように激しく、捕食する肉食の動物もたくさんいました。実際に骨格には前側のヒレや後ろ側のヒレが見つからないものが多くみられ、捕食者にヒレの一部を食べられることが多かったです。ここでは、どういった天敵がいたのかについて紹介していきます。

サメやワニのような肉食爬虫類

PIRO4D / Pixabay

浅い海域にいたため、ティラノサウルスのような陸上の生き物に襲われることは少ないですが、サメやワニのなどの中生代白亜紀後期に浅瀬にいた肉食動物にも狙われていました。その他のエラスモサウルスのような動物に襲われることも多く、日々天敵に日々ねらわれながら生活していたことが分かります。

最強のモササウルス

水中の生態系のトップに君臨していたのが全長15メートルにもなる爬虫類のモササウルスです。この生き物はサメやワニなども捕食対象にしており、アーケロンもモササウルスに狙われており、アーケロンにとって大きな天敵となっていました。

 アーケロンの骨がバラバラにならない理由

モササウルスなどの大きな肉食動物に襲われ、後ろビレをかみちぎられたら、逃げ切ることができずに全身ばらばらの骨が見つかると思う方もいるかと思います。なぜ片足だけが切れた骨格がよく見つかるのでしょうか?

中程度の肉食動物に襲われることが多かった

skeeze / Pixabay

モササウルスなどの大型の肉食動物に襲われた場合は後ろヒレだけではなく全身が食べられてしまい、骨格が揃いませんが、中型のモササウルスや、小さなサメやワニなどに襲われた際に後ろヒレだけが失われたと考えられています。

オサガメは現代のアーケロンか?

最も大きいの亀となるウミガメの一種のオサガメはアーケロンと比べてどのような特徴があるのでしょうか?受け継いだ特徴や片方にしかないものを紹介していき、両者の相違点を紹介していきます。

アーケロンとの比較

アーケロンが北米大陸のコロラド州やサウスダコタ州の浅瀬にしか生息していなかったのに比べて、オサガメの生息地はとても広くなっています。インド洋、大西洋、地中海に生息しており、アーケロンと比較して回遊性が高くなっているのが特徴です。アーケロンは回遊性が高くなかったと考えられています。

NEXT 絶滅危惧種