カツオの種類を徹底解説!見分け方もご紹介

オナガシマガツオの見分け方

大きな目やしゃくれた下あご、平べったい形はシマガツオに似ています。現在発見されているのは幼魚のみなのでかなり小さく、また黒っぽいシマガツオに比べると白っぽい銀色の体表をしています。名前にもあるように、二股にわかれた尾びれの片方が非常に長いのが特徴です。

オナガシマガツオの食べ方

出典:PhotoAC

オナガシマガツオについては、まだ食べられたという例がありません。なので、どんな味がするか、どんな食べ方があるかなどはまだわかっていません。成魚が見つかり研究が進めば、市場などで流通され食べられる日がくるかもしれません。

カツオの種類と見分け方④シナマナガツオ

シナマナガツオはマナガツオと同じマナガツオ科の魚です。東シナ海や南シナ海でよく獲れるマナガツオ、ということでこの名前が付きました。中国や台湾、インドでも獲れ、日本へ輸入されることもあります。

滅多にお目にかかれない魚!

マナガツオは産卵期に瀬戸内海まで入ってきますが、シナマナガツオは九州より南でしか見かけません。なので、マナガツオよりもなかなか目にする機会は少ないです。産地で釣れたり中国から輸入されたりするときはマナガツオとして流通することも多い魚です。こちらも白身が柔らかく上品な旨みで美味しいです。

シナマナガツオの生態

シナマナガツオはその名の通り東シナ海や南シナ海、他にインド洋や太平洋西側のペルシャ湾まで分布します。マナガツオと同じように大陸棚の砂底、泥底に群れで生息します。食性もマナガツオと同じく甲殻類などを食べる肉食です。

シナマナガツオの見分け方

名前も共通していることから、シナマナガツオとマナガツオの見た目はほぼ同じです。しかし若干の違いがあります。シナマナガツオの方が体高が高く、より四角形に近い形をしています。また背びれの線がマナガツオよりも細かく、ひれの先が黒っぽいです。

シナマナガツオの食べ方

出典:PhotoAC

マナガツオとして流通されるということもあり、味や食感はほぼ同じです。ただマナガツオよりも新鮮な状態で流通することが少ないため多くは幽庵焼きや西京焼き、ムニエルなどの焼き料理、フライで食べられます。

カツオの種類と見分け方⑤マナガツオ

マナガツオはカツオの属するサバ科と違い、マナガツオ科に属します。関東ではあまり聞いたことがなく、なじみのない魚かもしれません。しかし西日本、特に京都など関西地域ではなんと高級魚として有名な魚なのです。一匹数千円もの値段がつけられることもあります。

NEXT 西日本でよく獲れる高級魚!