古代核戦争は本当にあったのか?嘘か真か存在を裏付ける証拠を徹底考察!

古代核戦争はオーパーツの謎の手掛かりにも?

voltamax / Pixabay

制作の手順、誰の手によって作られたのか、どんな目的で作られたのか、古代に作られたとされるナスカの地上絵やモアイ像などのオーパーツには不明なことがとても多くあります。それらの謎はいまだに解明されていませんが、もしかすると古代核戦争を調べていくとわかってくる可能性もあります。

突如滅んだ古代文明の謎

そして、突然に姿を消したとされる古代四大文明である、「メソポタミア文明」「エジプト文明」「インダス文明」「黄河文明」これらの大きな文明はいまだに解明されていない謎が本当にたくさんありますが、その謎を解く手がかりになる可能性も大いにあるということで今とても注目されています。

いまだに残るオーパーツを作った文明の謎

ask-mediendesign / Pixabay

わずかな技術ではもちろん、現代の技術でも作ることが難しいナスカの地上絵やモアイ像などのオーパーツですが、深く調べていくととても優れた技術をもつ時代の何らかのものが、何かを伝えるべくつくった可能性がありますよね。それらの技術をもつ文明があったことにとても驚きます。

オーパーツからのメッセージ

monikawl999 / Pixabay

謎が多くあるオーパーツですが、それゆえに何かのメッセージが込められているのではないかと言われています。大きなものや目立つものが多いというのもメッセージ性があるとされるゆえんです。しかしそのメッセージも今は定かではありません。いずれ古代との交信ができる時代も来るかもしれません。

古代核戦争説から得られる教訓に学ぼう!

qimono / Pixabay

上記のようなことが実際にあったかどうかは別として、今や核戦争は私たちの生きる現代でも十分に起こりえる話です。古代の文明が残してくれた数々の書物や遺跡、伝説などは、そこから教訓をえてより良い社会にしていくべきだというメッセージなのではないでしょうか。私たちにできることはあるのでしょうか。

古代で起こっていた残酷な事実に関する記事はこちら

古代のテクノロジーに関する記事はこちら