鮎の友釣りを徹底解説!仕掛けや竿などの必要な道具もご紹介!

購入の手順

まずはお店の人にいけすからオトリ鮎を数匹タライなどに移してもらいます。このときにオトリ缶にも水を入れておきましょう。タライに移した鮎の中から自らでオトリ鮎を選定します。オトリ鮎に触る時には手を冷たく冷やしておきましょう。

選ぶ鮎の基準は、ふらふらと水面に浮かび上がってくる個体や表面に傷のついている個体は弱っているので避けます。なるべく活きのよい元気そうな鮎を選びます。魚体を傷つけないよう丁寧に掴み、選定します。選んだ鮎は手早く自分のオトリ缶に移します。

オトリ屋さんは貴重な情報源

鮎はその日の水温や水位によって釣れるかどうかが大きく変わる繊細な魚ですので、地元のオトリ屋さんや釣具店にその日の最新の情報を教えてもらいましょう。顔見知りになれば日常会話や電話でも、釣れているポイントを気軽に教えてもらえることもあります。

鮎の友釣りでの服装

ここでは、鮎の友釣りを行う時に適した服装についてご紹介します。鮎釣りは川の中に入って釣りをすることを前提としているため、それ相応の服装が必要です。適切な服装をしていないと、快適な釣りを楽しめないだけでなく、体を冷やして体調を崩したりと危険と隣り合わせになります。チェックポイントをしっかり把握して、準備万端の服装で臨みましょう。

ウェーダーの必要性

ウェーダーとは、水中で着用するズボンの事です。冷たい水中に何時間も浸かっているため、保温性の高いウェーダーを着用することが必須です。水流の速いポイントでも抵抗を受けづらくするため、体にピタッとフィットするものを選びます。

日焼けに注意

長時間の釣りでは、水面に反射する日射しが強いため日焼けに要注意です。そのため上半身は必ず長袖を着用し、首元の日焼けにも気をつけましょう。また帽子やサングラスも日射しを遮るのに有効です。特にサングラスは水面の反射光を遮り水面を注意深く見るためにも必須アイテムといえるでしょう。

便利なベストを着用

ポケット付きのベストは、釣りに必要な小物を全て入れて川に入るのに便利です。また入川券もベストの見えやすいポケットに入れたり背中に貼り付けたりすることで、監視員に分かりやすくしておくこともできます。鮎釣りに慣れた人は多くが着用しているベストは、必須アイテムと言えるでしょう。

鮎の友釣り:具体的な釣り方

それではいよいよ、鮎の釣り方を解説していきます。鮎の友釣りは経験を必要とする釣り方ですが、慣れてくるにともなってポイントがわかり面白くなってくるという奥の深い釣り手法です。そのため昔からファンも多い釣りなのです。具体的な釣り方をマスターし、状況に応じていろいろと試してみましょう。

鮎の友釣りの釣り方①ポイント探し

まずはどこに鮎がいるか、釣れやすいポイントを探すことから始まります。これは鮎の習性に大きく関係しており、鮎がどのように川の中で生息しているかを掴むことが大切です。ポイントを見つけることが、鮎をたくさん釣ることへの近道ともいえます。

NEXT まずは鮎の縄張りを探す