ポイズンリムーバーの使い方からおすすめ品まで徹底紹介!

ケアプラス ベノムエクストラクター

Care Plus(ケアプラス) ベノムエクストラクター CP-0801

Amazonで見る

片手で使いやすさを求めるなら自動吸引タイプのこのアイテムもおすすめです。患部に押し付けるだけで電源要らずで自動的に吸引してくれます。吸引力も強いので、手でするには不安という方にもこちらのアイテムはおすすめです。

アスピラボ アスピブナン

ASPILABO(アスピラボ) アスピブナン APV1100000

Amazonで見る

特徴的なケースと吸引力の強さが見直のこの製品は、片手で扱いやすさを考慮した設計となっています。スマートに持ち運んで使用したい人にはおすすめでしょう。レバーを引かず、押し込み式の吸引になっているので片手での扱いも楽々です。

アウトドア便利グッズに関する記事はこちら

ポイズンリムーバー使用の注意点

正しく使用する際の手順や使い方を消化しましたが、使用上の注意点もいくつかあるので押さえておきましょう。間違うと患部をさらに悪化させる要因にもなります。

破損がないか確認を

使用前にはまず破損がないかを定期的に確認する必要があります。処置目前で確認する時間はあまりにも惜しいので、持ち運ぶ際の直前にでもいいので定期的にチェックしましょう。ケースを使って持ち運んでいる場合でも中で破損していることはあります。

破損があると機能を万全に発揮してくれない他、そもそも動かすことができなかったりカップをはめれなかったりと問題が起こる可能性もあります。必要となるタイミングでトラブルに見舞われては処置が遅くなるので注意しましょう。

皮膚の敏感な所は使用できない

皮膚に当てて吸引するので皮膚があれたり、しばらく後になったりすることがあります。だからこそ、敏感な皮膚には使用できないことを押さえておきましょう。敏感で弱い皮膚に使用すると痕になったり、けがにつながる危険性もあります。

使用してからでは遅いので皮膚が柔らかいところや弱いところなどは使用しないことを理解しておきましょう。

ポイズンリムーバーを持っていない時の代行手段!?

リムーバーの重要性を把握できたとは思いますが、いざという時のために持っていないときの代行手段も知っておきましょう。いつ何時トラブルに見舞われるかはわかりませんので押さえておいて損はありません。

カッピング療法

古来より伝わっている療法であり、火と便を使って行うシーンは一度はテレビなどで見かけたことのある人は多いのではないでしょうか。この療法では火を瓶に近づけて、人は皮膚にあてて瓶内の空気を温めることで真空状態にしていきます。

すると便が皮膚を吸い始めてリムーバーと同様の効果を得られるのです。瓶内にはアルコールを入れておくので衛生的にもクリアしており、うっ血させることで毒を取り除く方法になります。

NEXT その他毒針を取る手段