【新潟女児殺害】大桃珠生さん殺害事件の概要とご家族の抱える思いに迫る

大桃珠生さんは両親と兄(当時小4)の4人暮らし

waldryano / Pixabay

少女は両親と兄の4人家族でした。事件当時に住んでいた一軒家に移る前に住んでいたアパート付近では、自転車に乗る兄を「お兄ちゃん、待って」と笑顔で追いかける姿をよく見かけたそうです。両親は折り目正しく、躾に心を配っており母親は小さな少女の手を常にしっかり握っていて、野放しにするような事はしない両親だったようです。

同居していない祖父母がいる

FuSuSu / Pixabay

一緒には住んでいませんが祖父母がいます。事件の後で祖父は胸の内を語っています。きっと少女は祖父母とも仲良しだったのでしょう。「孫はかわいい」と言いますが、かわいい孫を突然奪われ本当にお気の毒です。

大桃珠生さんの祖父が語った胸中

geralt / Pixabay

被害者の祖父は、可愛がっていた大切な孫娘を失ってしまった悲しみを受け止めきれずにいたようです。大切な孫を失った事実が信じられないと語っていました。たとえどれだけの時間が経過しても、大切な存在を奪われた悲しみや悔しさは薄まる事は無いのでしょう。

大桃珠生さんの抱いていた夢

Free-Photos / Pixabay

女の子は7歳にもなると将来について夢を語るようになります。それが実現しようとするまいと、お花屋さんになりたい、パン屋さんになりたい、看護師さんになりたいなどと多くの子が語ります。被害にあった少女もその1人でした。彼女はどんな夢を持っていたのでしょう。

デザイナーになることが夢

被害少女はタマちゃんと呼ばれていました。タマちゃんは「デザイナーになりたい」と将来の夢を幼稚園の卒園文集に記していました。きれいな色の花が好きで絵を描くのが上手だったと園長先生が話しています。身勝手な犯行のために一人の少女は夢見ることさえも出来なくなってしまいました。

大桃珠生さんの夢の詰まったタイムカプセル

出典:PhotoAC

タマちゃんが通っていた幼稚園では卒園の記念にタイムカプセルを埋めていました。3年後の自分に宛てた手紙を入れて、小学3年の夏休みに掘り起こす筈でした。予定通り掘り起こされるでしょう。しかし、そこに少女は居ないのです。それがとても残念で悲しいと園長先生は語っています。

開けることが出来なかったタイムカプセル

susan-lu4esm / Pixabay

事件当時は小学2年生でした。あれから1年、被害にあわなければ今年の夏休みにみんなと一緒に3年前の自分と対面した事でしょう。しかし、それは叶わないのです。ご家族が立ち会うかも知れませんが、最愛の娘さんが「もう居ない」ことを再確認する儀式になってしまうのかも知れません。

大桃珠生さんの親はコメントを残す

大きな事件が起きると、いつものことですがマスコミ報道が過熱し、野次馬も押しかけたりして大変な騒ぎになってしまいます。被害者宅や犯人の家族が住む家の前にはカメラとマイクを構えたマスコミが常に待機しています。上空にはヘリコプターが旋回し、騒音でテレビの音も聞こえないと話す人もいました。当然、食事やトイレなどの問題も出てきます。

食事はどこかへ行くにしても、近くにコンビニなどが無ければ、トイレは近くの民家で借りることになるでしょう。そこで生活を営む人々にとっては、ただでさえ信じがたい事件が起きて驚いているところを、日常を乱され迷惑以外のなんでもないでしょう。そんな仲、遺族がコメントを出しました。

NEXT 悲しみの中メディアに向けた立派な言葉