聖天様は最強の神様!?祟りの噂やご利益を徹底解説!

折れている牙の謎と両親の性格は?

ガネーシャの牙は右側が折れている状態です。どの像を見てもからならず右側のほうが短く表されています。なぜ、片方の牙のみ短いのでしょうか。諸説ありますが4つが有名な説になります。また、ガネーシャは荒神だったそうですが、両親の性格はどうだったのでしょうか?両親の性格についても見ていきます。

折れた牙の謎

  • 父親のシヴァに武器を投げられた。反撃は失礼にあたるので、一本の牙で受け止めたら折れてしまった
  • 龍で移動しているときに、不意に振り落とされて落下してしまい折れてしまった。
  • 夜道で転倒した際、お腹の中にあるお菓子が飛び出てします。それを月に笑われてしまったことに憤慨して自分の牙を1本折って月に投げつけた
  • マハーバーラタの著者は字を書くことができず、ガネーシャが著者のヴィサーヤの元を訪れたときに自らの牙を折りマハーバーラタを執筆させた

両親の性格は

waldryano / Pixabay

父親のシヴァは、破壊の神と言われています。性格はすぐに怒る性格でとても短気だったそうです。息子ガネーシャが象の頭をしているのもシヴァに首を切られたという説があるぐらいなので、すぐに怒りを行動に移す性格だったようです。

母親のパールヴァティーは、シヴァの最初の妻であるサティーが転生したと言われています。性格はとても穏やかで優しい心ある女神だったようです。ガネーシャは自分の牙を折って月に投げつけたと癇癪持ちの話もあることからガネーシャの性格は父親であるシヴァに近いものがあります。

聖天様を信じる心は救われる

ご聖天様の力はとても壮大のため、怖い噂もあるご聖天様ですが信仰心を忘れずに作法を守れる人にはとても慈悲深く優しい神様になります。失礼のないようにご聖天様の力を信じお祈りを続けていれば、ご聖天様はきっと救ってくださる神様ですのでしっかりとした心をもって信仰をしていきましょう。

他の神様のご利益などに関する記事はこちら

日本で唯一の神様に関する記事はこちら