チャイニーズハムスターの性格や飼育方法まとめ|寿命や長生きさせるコツも

チャイニーズハムスターの意外な活躍

飼育してペットとしてわたしたちの手元に置いて、その見た目や動きから癒されたり幸せを感じさせる活躍だけではなく、違う場面でもこのチャイニーズハムスターはひそかに活躍しているのです。そのことについて解説していきます。

卵巣をバイオ薬品に活用

今日本をはじめとする様々な国の、医学者や生物学者がチャイニーズハムスターの卵巣に注目しています。その卵巣には特殊な構造や性質をしているので、それを様々なわたしたちの生活で役に立つ、バイオ薬品として活用しているのです。

以前は実験動物としても活用

実験動物ときいたらモルモットやラットの様なものが主流であり、想像されると思いますが、古い過去にはこのチャイニーズハムスターが実験動物として活用されていました。その際もきちんとその生物の命を敬って研究していますので、勘違いを成されないようにお願いいたします。

チャイニーズハムスターは可愛くてペットにおすすめ!

今回の記事ではハムスターなんだけども鼠の可愛い部分も兼ね備えた、プリティーなチャイニーズハムスターについて余すことなくご紹介していきました。その個性豊かな見た目や生態、内面的な性格までみなさんにご解説していきました。

そして実際に飼育するための各アイテムや、食料となるメインのエサを紹介したり、飼育するうえで気を付けないといけないポイントなどを分かりやすく記述していきました。この記事を読んだらきっと買いたくなりますよね!実際にペットショップに足を運び、チャイニーズハムスターをペットとして我が家に迎えてみてはいかがですか!

パンダマウスに関する記事はこちら

可愛いチンチラに関する記事はこちら