南芦屋浜の釣果やおすすめの釣り方!ポイント別で紹介!

南芦屋浜の気になる釣果

WaldNob / Pixabay

こちらでは、どんな種類の魚が釣れるでしょうか?場所によって魚種も異なってきますが主に釣れる魚やポイントの特徴を具体的にご紹介していきます。

南芦屋浜の気になる釣果:①南芦屋浜ベランダ

ポイントの特徴

この部分だけ突き出た形をしているので、沖釣りが体験できます。フェンスが設置されているので安心して楽しめる場所です。足場もしっかりしていて安全面でも安心なことからファミリー釣りで訪れる人も多く、一年中釣り人で賑わっています。

陸地にいながら沖釣りができる

沖に出るためには船が必要ですが、こちらは人工島なので元々沖に面しています。足場の安定を確保しながら沖釣りができるのは、子持ちで釣りを楽しむにはもってこいの場所なのです。

水深

足元付近で約6~8mあり、沖では10mほどあります。沖まで釣り竿を飛ばすと海底は砂地になっています。足元付近は石が多いので仕掛けの引っかかりに注意しましょう。

釣果

アジやイワシが多く集まるので、それを食そうと青物やタチウオも集まってきます。潮の流れも穏やかでプランクトンが発生しやすい環境のため魚たちにとって居心地の良い水域となっています。

釣れない日はない?

メインの場所となっているので人も多く集まります。それだけみんなが注目しているスペースなのですが潮の流れが良好なので釣果に繋がります。釣れない日はないほど、ここで竿をおろせば獲物がゲットできるという自信の場所なのです。

おすすめの釣り方

突き出た地形になっているので、遠方に飛ばさなくても獲物は掛かりやすい状況といえます。サビキ釣りでは小型の魚が釣れやすく、ルアー釣りでは青物が楽しめます。子供には扱いやすいサビキ釣りがおすすめです。

南芦屋浜の気になる釣果:②東側の護岸沿い

ポイントの特徴

広々とした場所ですがフェンスが設置されていないため、小さな子供が釣りをするのは危険を伴うため、大人の楽しむ釣り場となっています。足場はしっかりしているので安定して座りながら楽しむことができます。

静かに満喫

先ほどのメインスペースと異なり安全面が怠るため子連れはほとんど見かけません。ですから一人釣りを楽しんで人が多く静かにのんびりと自分ペースで満喫できるのです。

水深

足元付近で8mほどあり、南芦屋浜の中で一番深い場所になります。垂直護岸になっているので釣り竿も下ろしやすい作りになっています。フェンスなどの柵がないところなので、安全には注意して楽しみましょう。

NEXT 釣果