南芦屋浜の釣果やおすすめの釣り方!ポイント別で紹介!

釣果

遠目に投げ入れればクロダイが狙えます。砂浜ではハゼや捕れたり潮干狩りも楽しめます。磯では小魚も生息しているので、タモやバケツを持っていくことをおすすめします。

日焼け対策も忘れずに

日差しが照り付ける砂浜では強い紫外線を浴びます。日焼け対策を忘れないようにしましょう。日焼け止めと帽子があると安心ですね。

夏休みにおすすめ

さまざまな海の生き物に出会えるので、夏休みの自由研究の題材にいかがですか?図鑑で調べるよりも自分の目で見て触れることで感じたことは、思い出として残るだけでなく知識として糧となります。

おすすめの釣り方

砂浜では手づかみやタモで小魚が捕れます。エビ撒き釣りやサビキ釣りでアジやサバが狙いやすくなっています。ただ、砂浜での釣りが禁止になっているので、運河の方まで出向いて釣りは楽しみましょう。

南芦屋浜の気になる釣果:⑤北側水道

ポイントの特徴

石畳みが全面的に敷かれているのが特徴で、日当たりがよいため石に苔などついていないため滑りにくく安定した足場になっています。引き潮の際は石畳みが全部見えるほどになります。

水深

足元付近で5mほどです。足場がしっかりしているため釣りやすいですが後ろは人の通る通路になっているので、海に投げ入れる際は、後ろに人がいないかどうかチェックが必要になります。

釣果

一年を通してクロダイが釣れやすいです。またアジが回遊する道になっているため、それを食そうと青物も集まってきます。石畳みの陰にはメバルやガシラも潜んでいることが多く、さまざまな種類が望めるでしょう。

波に注意

レジャースポーツを楽しんでいる人も多くいます。特に大型連休や夏に多いですが凄いスピードで走るマリンスポーツでは、波が釣り竿まで伝わってくることがあります。

おすすめの釣り方

フカセ釣りでさまざまな魚種を狙えます。ただ一つ注意が必要なのは、大型台風の影響による他の地域から流れてきたゴミの漂流が目立つので仕掛け引っかからないように注意しましょう。

サビキ釣りとは?

Pexels / Pixabay

偽のエサではなく、本物のエサを使って獲物を狙います。釣り道具がシンプルなことから初心者の方や子供に人気のある釣り方法です。

NEXT 効率よく獲物を狙う