髪が伸びるお菊人形は魅力がいっぱい!恐れられる人形のかわいい素顔に迫る!

お菊人形の髪が伸びるのは子どもの魂が宿ったから?

DWilliams / Pixabay

お菊人形の髪が長くなることに対する一つの見解として、持ち主の「菊子ちゃん」の魂が人形に宿っているからというものがあります。「お菊」という呼び名が付けられたことにより、お菊人形それ自体が依り代のようになっているのでしょう。「萬念寺」で定説として唱えられる「お菊人形」の物語をお聞かせします。

幼くして亡くなった「菊子ちゃん」

manfredrichter / Pixabay

この市松人形の持ち主は、当時3歳の鈴木菊子ちゃんです。17歳の兄・永吉が、1918年8月に札幌で催された大正博覧会で、菊子への手土産として人形を購入しました。菊子は大喜びで、片時も人形を手放しませんでした。しかし、年があけた1月24日、菊子の風邪は重篤化し、命を落としてしまいます。

髪が伸びたその後

出典:PhotoAC

人形は棺に入れ忘れてしまったため、骨壺と一緒に仏壇に置いていました。しかし、おかっぱ頭だったはずの髪が、次第に肩まで伸びてきました。鈴木家は、樺太への転居に伴い、人形を萬念寺に預けました。戦後、再び供養のため人形のもとを訪れると、さらに長髪になっていました。

菊子の魂が宿ったと考えた家族は、その人形の永代供養を願い入れ、現在に至ります。話の内容が異なるのは、当時取材が殺到したため、個人の特定を避けるための配慮だったとも言われています。子どもの霊といえば、「座敷わらし」も有名ですね。興味のある方はご参照ください。

髪が伸びる仕組み?お菊人形の真実

Alexas_Fotos / Pixabay

人の顔のついたお人形には、だいたい髪の毛が生えていますね。でも、その髪の毛が伸びてしまうというのは、なんとも不可解です。どういうメカニズムなのでしょうか?髪の毛の謎に迫り、解説します。

髪の毛は人毛

kkolosov / Pixabay

お菊人形の髪は、人の髪の毛であったことが、北海道大学医学部の分析により解明されています。しかし、人毛だからといって「伸びる」わけではありません。生きているのは毛根部分だけで、抜けた髪の毛が成長することは無いのです。

お菊人形の髪の毛の構造

出典:PhotoAC

髪の毛は、どのように埋め込んでいるのか?実は外に出てる長さの、二倍ほどの髪の毛がU字型…つまり二つ折りの状態で収まっているのです。その中の毛が、少しずつ外にひっぱられる形で出てきたため、「髪が伸びた」のではないかと言われています。

また、作製の際に手抜きをした人形の髪も、同様の原理で伸びるといいます。もう一つ当時よく言われていた説があります。「ニワカ」と称される「接着剤」の栄養分を吸収して、髪が伸びたのではないかという話に関しては、現在否定されています。

顔は木製

pixelsao / Pixabay

頭部が木製のため、湿気によって膨張し、隙間ができるために髪の毛が表へ出てくることも考えられます。口の開閉についても、湿度によって変化があるのではないかと言われています。市松人形をはじめとする日本人形は、見る角度によって表情を変えるのが特徴なので、人形が表情を変えていると断定はできません。

お菊人形以外で髪が伸びる人形は?

Ventus17 / Pixabay

どんな理由で髪が伸びたにせよ、「髪が伸びる人形」というのは特殊です。ほかにも髪が伸びる人形って居るんでしょうか?たくさんの人形がいれば、そのうちの一体くらいは伸びるのでは…?多くの人形が供養されている淡嶋神社についてご紹介します。

NEXT 和歌山県淡嶋神社