桃娘って実在したの?中国都市伝説で語られる彼女達の生涯とその歴史とは?

中国の都市伝説以外にもあった「桃娘」

vinsky2002 / Pixabay

こちらで紹介した都市伝説以外にも、実はこの日本にだって「桃娘」と呼ばれるさまざまなものが存在します。

決しておそろしい話ばかりではありません、次からはその名にふさわしい、みずみずしい魅力的を放つ「桃娘」を紹介していきましょう。

岡山県のキャンペーンガール「桃娘」

岡山県においては、特産物である桃を全国PRするため、ミス・コンテストで選ばれし、うるおいに溢れた笑顔をふりまくキャンペーンガールのことを指します。

岡山駅の夏の風物詩として、毎年一時期だけお目にかかることができます。ちなみに男性販売員・桃太郎もいます。

茨城県のキャンペーンガール「古河桃むすめ」

対してこちらは茨城県の古河市をPRするため選出された、古河桃むすめです。古河市は日本一の花桃の里をうたっていることから名づけられました。

かぐわしき桃むすめたちにはまつり会場や、交通安全イベントなどで会うことができます。

いちごの品種「桃娘」

意外にも、桃ではなくいちごの品種名に桃娘という名前があります。いちごの花といえば白が一般的ですが、こちらはその名の通り愛らしいピンク色で、観賞用としても人気があります。

病気に強く育てやすいため家庭での園芸栽培によく購入されています。

今でもある?桃娘のような人身売買や人肉文化

gurkanerol / Pixabay

千年以上も昔の話ならまだしも、現代において人間がもののように売買されたり、また食材になるなんてことがあるのでしょうか?

ショッキングなテーマになりますが、下記には現代社会における人身売買や食人についてお話していきたいと思います。グロテスクなお話が苦手な方は充分ご注意ください。

今でも人身売買はされていると言われている

Free-Photos / Pixabay

中国では今なお人身売買の被害が後を絶たない現状で、一人っ子政策での子供の偏りが主因であり、その被害は数万件に及びます。

2011年には死産した子供を薬品に加工・販売した業者が摘発されています。現代においても人間を売り買いし、滋養薬の素材とする考えは途絶えていないのです。

人肉食は一部で残っていると言われている

Free-Photos / Pixabay

現代でも密かに食人文化は息づいており、犯罪が起因となるもの、文化的なもの、病気によるもの、やむをえない事情によるものなど動機は様々です。

日本でも2012年、病院で切り取った自分の肉体を調理して食すイベントを開催したとして、大騒ぎになった人物がいました。なお食人について詳しく記載した記事もあるので以下からどうぞ。

世界中にはこんなにもモモがある!

GDJ / Pixabay

モモと呼ばれるものは実は果実だけではありません。世界中にはありとあらゆる「モモ」が存在するのです。

今から挙げていくモモたちの実態、あなたはいくつご存知でしょうか?すべて知っている!という方はすばらしい、自慢できる立派なモモマニアです。

小龍包

チベット文化圏における小龍包、広義では具のない蒸し饅頭のことを指します。昨今はネパール料理店で知られつつありますが、本来はチベット発祥とされています。

タレにつけたりスープに浸したりと地方によって食べ方に差があるようですが、調理の手間がかかるためちょっとした特別な機会のためのメニューとされています。

NEXT あだ名