苦悩の梨はどんな拷問器具?使用方法や目的を解説!使ってみた人もいる?

死刑と拷問は違う

kalhh / Pixabay

混同しまいがちですが、拷問という言葉は厳密には、魔女裁判での拷問のような処刑を目的したものではなく、取り調べのさえに自白を促すために行われるている行為の上で行われるものです。なので、刑事罰はまた別の話になります。国によって罰として鞭打ちに処したり、死刑なので罰を与えるというものは拷問という括りには当てはまりません。

現代にはない拷問器具について知ろう

拷問は、中世にあたる時代が資料として多くあります。また、近代においては文明の進歩や倫理観の整備によって、非人道的な拷問は減少しました。苦悩の梨のような現代では信じられないような拷問が、昔は当然のように行われて、たくさんの犠牲者がでました。拷問の痛ましさをふまえて、改めて人の尊さについて考えてみてはいかがでしょうか。

少年少女博物館に関する記事はこちら

スカフィズムに関する記事はこちら