優曇華の花は経典に登場する花?3千年に1度しか咲かない花の意外な正体とは?

スズコムケシの別の読み方

スズコムケシという海に生息する動物の別の読み方なのです。なぜその呼び方をされるかは写真を見ていただければわかるはずですが、その呼び方をする理由はその動物の姿があの伝説の花、クサカゲロウの卵にとても似ているからなのです。

スズコムケシはどんな生き物

一つの動物なのに無数の脚のような個体が連なった変わった生物で、触手があったり背骨がなかったりと一見すると動物には見えない変わった生き物なのです。こちらの動物もまた世界中各地に分布して生息しており、また浅瀬からそれなりの深い水中まで広範囲に生息しているのです。一見すると蜘蛛の脚のみが動いているように見える不思議な動物なのです。

中国では優曇華の花が咲いたとニュースに!

この地球上であれば各地でどこでも咲いている花が、中国では咲いたとニュースになったのですが、これだけ聞くとどういことが分からなかったり、中国の教養が遅れているのかと勘違いを起こすのではないでしょうか?実はそういうことではないのです。

3千年に1度咲く優曇華が咲いた

中国のとある人の自宅で、なんとカゲロウの卵ではなく、本当に3000年に1度の花が咲いたそうなのです。つまりは伝説上であったり空想上の花が実在して、それがしかも花咲かせたそうなのです。でもなぜ虫の卵ではないと認識されたのでしょうか?

地元では「花」だと認識

発見した人も当初は虫の卵と疑っていましたが、よく見てみると花のような形をしていたのです。それに驚き、地元の寺に住む詳しい3人の方に見せると、本当にあの伝説の花だと認定したそうなのです。このことは地元でも中国全域でもニュースとなりました。

仏の花「優曇華の花」の正体が意外過ぎた!

今回は3000年に1度しか咲かない花と古来より、仏教の経典や伝説として言い伝えられてきた優曇華について、その花の形や意味や概要などを紹介していきました。またそれにまつわることわざや法華経で説かれる意味についても解説していきました。

その幻想的な伝説の花は、実際には日本中でも、世界の各地でもどこにでも生息しているような花で、さらにはその菌類のように見える正体はクサカゲロウの卵であったのは意外過ぎたのではないでしょうか?このように科学が進歩した最近になり、その意外な本当の正体が解明されるものは、大変面白く興味深いといえるのではないでしょうか?

彼岸花に関する記事はこちら

桔梗に関する記事はこちら