お礼参りをしよう!正しい作法やマナー、必要な物をご紹介!行けない時の対応も

海外にも神社が存在する

Julius_Silver / Pixabay

実はハワイやヨーロッパにも神社が建てられているのです。海外に渡った日本人や、神道に感銘した外国人が海の向こうで建てたそうです。海外在住が長期の方は頻繁に参拝に行けませんが、案外近くに建てられている可能性も否定できません。海外に行った時にぜひ探してみてください。

お礼参りに必要なものは?

Free-Photos / Pixabay

目的や時期は分かりましたが、いざお礼の参拝に出向く時は何を持って行けば良いのでしょうか。さすがに手ぶらは失礼なのでしょうか。間違った認識のせいで失敗しないよう、どんな持ち物が必要なのかあらかじめ確認しておきましょう。

奉納の品やお金

何を持参すべきか特に定められていないので手ぶらで行っても良いですが、お品物やお金を奉納する人が多いようです。昔はお酒や食べ物を納めていたようですが、現在ではお金を納めるのが一般的となっています。

奉納金はあくまで気持ちなので金額は指定されていませんが、世間の相場は5000円から10000円と言われています。ただし地域や神社ごとに金額が定められているケースもあるため、事前に神社に確認しておくのも良い方法です。

お守り

祈願した時にお守りをいただいている場合は、そのお守りを持って行きましょう。通常はお願い事が叶った時に、祈願した神社へお守りを返納します。またお守りの効果は永久に続かないので、1年に1回は神社に返納して新しいお守りに交換するのが一般的です。

御礼絵馬

vivi14216 / Pixabay

神社によっては御礼絵馬を扱っているところがあります。祈願の時に絵馬に願いを書いていた場合は、お礼の言葉を御礼絵馬に書き残しましょう。あなたの感謝を目に見える形で残せるので、また来た時に思い返せるメリットもあります。

「どうせなら適当じゃなく完璧にしておきたい」と思われる方は、御礼絵馬を扱っている神社なのか事前に調べておきましょう。もちろん御礼絵馬は強制ではありません。珍しいご利益のある神社はこちら。

お礼参りの正しい作法とは?

祈願する時の作法は広く知られていて、本堂の横に書いている神社もあるほどです。ですが、お礼参りの手順に関して細かく書いてある神社はめったに存在しません。間違ったやり方で失礼にならないよう、しっかりと理解しておきましょう。

本殿の前で一礼

まずは本殿の前に立ち、軽く一礼をします。神社はいわば神様のプライベートスぺースです。勝手にお礼を始めるのではなく、まず最初に本殿へ一礼をすることで、「これからお礼を伝えます」という気持ちを示す事ができます。神社では何事も礼儀ある行動を心掛けましょう。

鐘を鳴らしてお賽銭を入れる

続いてガランガランと鐘を鳴らします。これは大きな鐘の音で神様を呼び出すためと言われています。ですが参拝客が多い時は、わざわざ鐘で呼び出す必要がないため鳴らさなくても大丈夫です。次に賽銭箱へお賽銭を入れます。鐘とお賽銭の順番は特に決まっていないので慣れている方法で構いません。

NEXT 二礼二拍手一礼する