メタニウムMGL特集!スプールなどの機能やXG・HGなどのラインナップも

メタニウムMGLのラインナップ③XG Right・XG LEFT

メタニウムMGL XG RIGHT・XG LEFT

シマノ (SHIMANO) ベイトリール 16 メタニウム MGL XG 右ハンドル

Amazonで見る

ハイギアを「さらに超える」最高ギア比モデルがこちらの「XG(エクストラハイギア)」仕様です。ギア比8.5の最強モデルでHG同様「早い展開」の釣りには、おすすめなモデル。

「ハンドル長さ」もこのクラスのみ「6mm」程長く設計しており、約91cmを誇る1回転あたりの巻き取り力を後方的に支援。メタニウムMGLの「最高モデル」としての名をほしいままにする、まさにキングクラスのリールです。

驚異の引き剥がし!パワフル&スピーディーな展開力が自慢

HGのスピード感に加え、そのパワフルさを「さらに上乗せ」したかのようなパワー感溢れる釣りを得意としています。みなぎる力はカバー周辺での「引き剥がし」に効力を発揮、キャッチ率を低下させることなく、カバーから一気にターゲットを引き離します。

「ハイギアをさらに上回る回収力」はポイントを探りながら行う「フロッグ使用での釣り」にも最適。投げと回収を繰り返す単純アクション時のストレスも軽減してくれることでしょう。

スペック

  • ギア比8.5
  • 最大ドラグ力5.0kg
  • 自重175g
  • 最大巻き取り量91cm/ハンドル1回転
  • ハンドル長さ48mm

シマノではメタニウムMGL以外にも魅力的なリールを数多く発売しています。こちらの「18ステラ」も人気の高いリールの1つです。

メタニウムMGLに合わせるロッド

さて、全3機種のラインナップをご紹介してきましたが、メタニウムが持つ「特筆すべき能力」をさらに活かす為には、ロッドとの相性がとても大切になってきます。

メタニウムMGLには一体どんなロッドがマッチするのでしょうか?「おすすめの3機種」をピックアップしましたので、その特徴や魅力、スペック等を紹介していきたいと思います。

メタニウムMGLに合わせるロッド①シマノ ポイズングロリアス168MーML

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズングロリアス 168M-LM

Amazonで見る

およそ100gの自重は、メタニウムMGLの「遠距離性をさらに引き出す」こと間違いなしの超軽量スペックです。「より軽く、より遠くに、そしてより自在に‥」をコンセプトに開発されたポイズングロリアス。

ライト&パワーな使い心地とコントロール性が備わる同モデルだからこその、マッチングを魅せてくれるロッドです。

スペック

  • 長さ2.03m
  • 継数1本
  • 自重100g
  • 先径2.2mm
  • ルアー耐重7g~28g

メタニウムMGLに合わせるロッド②シマノ バンタム172MH

シマノ ベイトロッド バンタム ベイト バス 172MH 7.2フィート

Amazonで見る

「バス釣りの楽しさを伝えたい」そんな思いが生んだロッドがシマノのバンタムです。総合力に長けたロッドで、フィールドを限定しないマルチな対応が魅力のモデルです。

メタニウムMGLとの相性もバッチリで、主に陸っぱりからの釣りに重宝するアイテムです。「バーサタイル×バーサタイル」の相乗効果でより万能的な釣りを魅せてくれるロッドといえます。

スペック

  • 長さ2.18m
  • 継数2本
  • 自重137g
  • 先径2.1mm
  • ルアー耐重10g~30g

シマノのバンタムロッドに関してはこちらの記事で詳しく解説されています。

NEXT メタニウムMGLに合わせるロッド③シマノ ポイズンアドレナ1610M