まむし指の原因や治療法、特徴まとめ!まむし指の芸能人やおすすめのネイルも

親指の長さによって占う

niekverlaan / Pixabay

売らない方はとても簡単で、まず親指の付け根から第一関節までの長さをはかります。その次に第一関節から指の先までの長さをはかります。この時に爪先までの方が長いAタイプ、均等な長さのBタイプ、根元からの方が長いCタイプに分けることができます。

爪先までの方が長いAタイプ

この指を持つ人は情深く献身的なタイプが多いです。好きな人ができるとその人に尽くしてしまう傾向にあり、行き過ぎると相手がどこで何をしているのかまで気になって仕方がなくなります。情熱が熱いのは素敵なことですが、それが相手にとっては重く感じてしまうこともあります。

長さが均等なBタイプ

この指を持つ人は冷静に物事を見る落ち着いたタイプです。情熱や勢いで動くことが少なく、目標や愛に向かって冷静に進んでいきます。客観的に物事を見ることができるので、賢い判断が鈍らされることは少ないですが、その冷静さが相手にとっては愛情不足と取られてしまうこともあります。

根元からの方が長いCタイプ

人を信用することが少なく鋭い観察力を持っているタイプです。人を信じて頼ることが少し苦手で、感情を抑えてしまうことも多いです。相手は信用してもらえないと不満を抱くこともあるため甘え方を知る必要があります。

そのほかの体の部分でも運勢を見ることができます。唇にあるほくろの運勢についてはこちらをご覧ください。

まむし指の治療方法①施術

ElisaRiva / Pixabay

ここまででみたように遺伝する先天性のものなので、病気でもないため普段の生活に支障をきたすことはありません。しかしそうは言っても使いにくかったり見た目が気になるからどうにか直したいと考える人も少なくありません。ここでは自分ではなく、施術してもらって改善する方法を紹介していきます。

まむし指の治療方法①ネイルサロンでスカルプする

スカルプとはアクリル樹脂というアクリル粉とリキッドを混ぜて作った人工爪で、自分の元ある爪で好みの長さ、形に調節できるものです。これはサロンでの施術が必要で、一度やると2~4週間ほど持ちますが、その後定期的にメンテナンスが必要になります。

まむし指の治療方法②手術する

skeeze / Pixabay

どうしても気になり治療したい方は整形外科での手術をすることも可能です。手術の方法は指の骨を切って長くしていく方法で、リハビリに半年ほどかかります。時間とお金がかかる大掛かりな手術となりますが、抵抗のない人は専門医への相談が可能です。

まむし指の治療方法②セルフケア

ここまではコンプレックスを持って人が施術を受けることでカバーまたは治療できる方法を紹介してきましたが、家で自分でできる方法もあります。ここからは自分で指のケア方法を紹介していきます。

まむし指のセルフケア①指マッサージ

指の太さが気になる場合、血流をよくして脂肪やむくみを取り除くことでかなり改善されるケースも多いです。少しでも細く見えるように毎日続けていくことがとても大切です。ここではいくつかあるマッサージのうち自分で簡単にできるものをいくつか紹介します。

手を握るグーパー運動

手を思いっきりグーで握り、5秒ほどキープします。次に勢いよく手を開き少しそる程度にパーの形をキープします。これを10回~20回続けることで血流が良くなり手が温かくなってくるのが感じられます。

にぎにぎマッサージ

にぎにぎとは反対の手で指を一本ずつ握り、痛みを感じない程度で5秒キープします。5秒後でをパッと離すと血流が良くなっている感覚がありジワーっと温かさを感じることが可能です。指を丁寧に1本ずつ2回~3回ほど繰り返しましょう。

NEXT まむし指のセルフケア②むくみケア