佐川急便事件とは?ヤミ献金の背景から金丸信の議員辞職まで徹底解説

現在は厳正な管理がされている

TeroVesalainen / Pixabay

発送している会社側も、本当に届いているのかが不透明だったため現在は、くまなく当選した人の名前や住所、いつ発送して受け取ったかのチェックがされており、数も数えられているので、きちんと当選した人の手に渡っています。

佐川急便の新たな取り組み

cowins / Pixabay

環境にも優しく、配達する人間にも考慮された電動の配達車が開発されました。重たい荷物を運びながらカーブしても倒れにくく安全に移動ができることを叶えました。

2019年1月に出たばかりの新型でもありますが、早くも話題となっています。配達側も利用する側にも心のこもった取り組みでした。どんな利点があるでしょうか?ご紹介します。

パワフルさが話題

3888952 / Pixabay

120キロもの重さに耐えられ、運ぶ人が力を入れなくてもスムーズに移動ができる作りになっています。これは軽トラックの1/3のパワーに匹敵します。

前輪に工夫がされており、重たい荷物を運んでいても転倒しにくく、スムーズに進めるようたくさんの試乗テストを重ねて設計されているようです。

環境にも優しい

kareni / Pixabay

車の排気ガスによって空気が汚れ、環境破壊になっています。自転車のため空気を汚さないで配達ができます。渋滞の心配もなく細い道も入れることから、より多くの荷物を待っているお客のところに出向けるのです。

路上駐車する必要もないの通行車の妨げにもなりません。狭い車線の場所で、配達トラックが停まっていると渋滞が発生し、多くの運転いている人に影響がでていました。

RyanMcGuire / Pixabay

この自転車を利用することによって環境にも多くのドライバーにも考慮した作りになっているのです。

時間短縮できる

nile / Pixabay

トラックでは重たい荷物を荷台に積むことから業務が始まりますが、リアカーと同じような作りになっているので、荷物の出し入れする動作が排除され、社員の負担が減りました。

自転車の後ろに引っ掛けるだけで業務に取り掛かれます。時間短縮になった分、多くの配達ができるようになりました。

佐川急便事件は平成に起こったヤミ献金事件

teetasse / Pixabay

真相は完全には解明されておらず闇に包まれたままになっています。国のために動く社会的地位のある人々が裏で闇金と言われる取引をすることは、影響力も大きく国民全体に不安が襲い掛かります。

国民の代表で選ばれた優れた人選を発揮し、より良い国作りのために2度と起きないようにしてもらいたいと願うばかりです。

七生報国に関する記事はこちら

NEXT 黒の組織に関する記事はこちら