【グンマー帝国】未開の地と呼ばれるグンマーの元ネタは?一揆も起こる?

誰の仕業か?世界遺産『碓氷峠』に落書き

こちらはグンマーの有名な世界遺産である碓氷峠のずい道です。昔は線路として使用されていたトンネルで、鉄道ファンにも人気の観光スポットとして有名なのですが、ピンクやブルーの塗料でいたずらどころではない落書きがされている事が判明。これにはグンマー民族はもちろん、観光に訪れる人々も憤りを感じます。マナーを守って観光を楽しみたいものです。

碓氷峠はメガネ橋も有名!

碓氷峠にあるメガネ橋も観光スポットとして有名です。国内最大のアーチ橋として、秋の紅葉シーズンは特に景色が綺麗です。夜にはきれいな満点の星空が見える素敵スポットです!昔は橋の上に線路が敷かれていたのですが、今は使われていないので橋の上も歩く事が可能です。上から見下ろす景色も絶景です。

グンマー帝国にはこんにゃくパークもある!

グンマーが誇る、国内生産のシェア90%を超える特産品、『こんにゃく』ですが、このこんにゃくを知り尽くすことができる『こんにゃくパーク』があります。これがこんにゃくで出来ているの?と驚くものもここのパークにはあります!行列ができる程人気で有名なこの施設に訪れてみましょう!

こんにゃくバイキングが無料で!

これらの総菜はすべてこんにゃくでできています!これには民族みんなも主食の焼きまんじゅうに負けじとこんにゃくも仲間入りです。20種類ものバリエーションを堪能する事ができます。ヘルシーなのでついついたくさん食べてしまう事間違いなしです!全国各地でこのこんにゃくパークで製造されたこんにゃく食品が販売されています。

工場見学・こんにゃく作り体験もできる!

ただ食べるだけではなく、グンマー帝国自慢のこんにゃくが出来るまでの過程を見る事ができる工場見学や、実際にこんにゃく作りも体験もここのパークでできます。いろいろな工夫がされていて観光スポットとしてはもちろんグンマー民族にも愛されています。このパークの近くには富岡製糸場もあり、合わせて群馬の魅力を楽しめます!

グンマー帝国関連ゲームアプリも人気

kaboompics / Pixabay

あなたもスマホでグンマー帝国の魅力を体感する事ができます!オモシロおかしくゲームで遊ぶことが出来ながらも、隠されたグンマーネタも楽しむことができます。そこで是非オススメしたい3つのゲームをご紹介!評価も高く、県民問わず、他県からも「面白い!」と評判のゲームです。

最強グンマ海軍

開発者は群馬県民です!「海がないのに海軍?!「海がなければ、海を目指せばいいのだっ!!」をコンセプトに、敵を倒したりアイテムである『下仁田ネギ』と『こんにゃく』等で稼いだポイント『G(グンマ)』を使って海軍戦艦や秘密兵器を強化するゲームです!暇つぶしどころか本気でハマってしまいます。

ぐんまのやぼう

こちらもグンマ海軍と同じ資源である『ねぎ』と『キャベツ』と『こんにゃく』を収穫してポイント『G(グンマ)』を稼ぎ、貯まったGで他の都道府県を制圧して群馬にする事ができる、グンマー携帯アプリゲームです!群馬の野望ではなくて、『ぐんまのやぼう』という、平仮名タイトルにこだわりがあります。課金しないタイプのガチャなので、良心的なゲームです。

NEXT 群馬ファンタジーTRPG