エドゲインは異常な連続殺人鬼!サイコパスを作った母の洗脳と歪んだ生い立ち

母の考えにより外の世界から隔離されて育つ

12019 / Pixabay

母の思想は徐々に独善的な方向を向き始めます。まず財産を売り払って農地を買い取り、町から離れた場所に家を建てました。そこで隣人との交流を絶ち、家族ごと世界から隔離します。

外界は汚れ、悪に満ちていると息子たち説き、聖書の教えだけを信じるよう厳命しました。全ては息子を彼女の理想通り育てるため、父親のようにしないためでした。

男性としての自分に対する嫌悪感の刷り込み

Myriams-Fotos / Pixabay

「夫がだらしなく暴力的なのは、男だから」。そう考えた彼女にとって、男性や性にまつわる存在は悪魔そのものでした。本当は娘が欲しかったと言い放ち、ペニスに唾をかけるよう命令し、我が子の特徴すら悪の象徴として徹底的に否定したのです。

この価値観はエドの人格形成に深く影響し、彼は自分の性を受け入れられず生涯苦しむことになります。

母を否定する兄ヘンリーとエドゲインの確執

こうしてエドは抑圧された環境に押し込められ、母の態度も年々悪化してゆきましたが、彼は一人苦しんだわけではありませんでした。同じ立場である兄がいたからです。

ですが成長するにつれて、兄弟の思想はだんだんと相違を見せるようになります。法的には確定していませんが、これはおそらくエドにとって最初の殺人の物語です。

隔絶された環境下で唯一の話し相手「兄ヘンリー」

TheVirtualDenise / Pixabay

極端な教育方針のもと育ったエドは、同年代の友達をうまく作ることができませんでした。母が説くのは偏った聖書の教えばかり。

そんな中で唯一の話し相手であり、友人でもあったのは兄・ヘンリーだけでした。母も兄弟が仲良くすることには肯定的であったため、二人は助け合いながら成長してゆきます。

母オーガスタの呪縛から解かれた兄ヘンリー

StockSnap / Pixabay

父の死後、ヘンリーは農場で働くようになり、町の人とも交流するようになりました。そこで世間の価値観を学んだ彼は、徐々に母の思想に疑問を抱きはじめます。

弟・エドは母を盲信しひたすら愛していましたが、それも否定されるようになりました。母からの支配を肯定し、苦難の受容を選択したエドにとって、これは何より許しがたい裏切りでした。

兄ヘンリーの死とエドゲイン

Alexas_Fotos / Pixabay

1944年、農場の近くで原野火災が発生し、消火活動に赴いたヘンリーが行方不明。後に遺体となって発見されました。頭部に外傷があり、死因は窒息死だったものの、結局火災にまつわる事故として処理されます。

消火には弟・エドも一緒に向っていたはず。人気のない場所で火事を起こし、兄を誘い出して殺害した犯人は、おそらく…。

エドゲインの性的倒錯

母は神の教えを息子に説いていましたが、エドにとっては母こそが神でした。そんな彼女に生まれついた「男」という性を徹底して拒まれてきたのです。

エドは従順な教徒になろうと、成長のあかしである「性」の欲求を必死に押し殺し続けました。やがて母の死後、それはいびつな形で芽吹くことになります。

性行為を罪だとする母と生き場を失う欲求

geralt / Pixabay

母は性交渉を強く憎み、大罪であると息子に厳しく言い聞かせました。彼女の愛する信仰は本来、誕生や性を祝福するものでしたが、男性への憎悪がその矛盾を隠していました。

この誤った教育により、エドは性行為に生涯嫌悪と罪悪を抱き続けることになります。それは後の事件でも徹底しており、死体への凌辱を疑われた際も明確に否定しています。

NEXT 男性である自己の否定と女性への変身願望