バスジャック事件簿!有名な事件の紹介と乗客だった時の安全策も解説!

過去からの教訓!現在のバスジャック対策は?

succo / Pixabay

過去の事件について紹介してきましたが、色々な動機がありながらも迅速な対応や警察やバス会社の対応といった面でいざ事件が起きてからの対策というものが重要と考えられるようになりました。そこで現在講じられている対策についてみていきましょう。

きっかけは「西鉄バスジャック事件」

Free-Photos / Pixabay

そもそも事件が起きたときにどうするかという対策が積極的に詳細に決められるきっかけとなったのは2000年に起きたわかくす号をのっとられた事件になります。この事件では1977年以降の乗っ取り事件以来の犠牲者を出したことと、被害者に死者が出たことで衝撃を生みました。

また、犯人が17歳の少年という問題もさらに衝撃を大きくする要因でした。犯罪行為に年齢差は関係ないと考えながらも、このような若い人間が犯行に及び、さらには可能にしてしまう環境があるということで具体的対策を講じなければならないと考えるようになったのです。

バスジャック対策①防犯灯設置

Comfreak / Pixabay

具体的に講じられた事件対策についてみていきましょう。まずは防犯灯の設置です。事件が発生したときにいかに迅速に車外へ異常事態発生を伝えるかが重要となります。そのため、これらの防犯灯が新たに新設されるようになりました。

バスジャック対策②ハザードランプ装置

ArtisticOperations / Pixabay

これまでも車外へとの異常事態発生の知らせとしてはハザードランプ店頭やパッシングによって伝えるような行動をとっていましたが、新たにハザードランプ装置の設置も決まりました。こちらも迅速に緊急事態を知らせるための策になります。

バスジャック対策③「異常事態発生」の表示

いかに迅速に知らせるかという点では上記2点も確かに伝えられる方法ではありますが、そもそもバス周辺を通る車が気づいてくれるかという点ではまだ不安が残ります。そこで、行き先表示板に「異常事態発生」の表示を行えるようにするという策も講じられました。

各社によって表示の文言は変わるものの、異常事態発生やSOSといった言葉を行き先表示欄に表示することで、異常事態の発生を直接的にわかりやすく車外へ伝えることができるようになっています。

バスジャック対策④緊急通報システム

fancycrave1 / Pixabay

車外へと異常事態を知らせる対策と同時に、バス会社に異常事態の情報をいち早く伝えるシステムも講じられました。このシステムでは、バスのGPSによる位置情報はもちろんのこと、到着予測時間、移動中バスの緊急事態を迅速にバス会社に送るものです。

また、データを送信するための通信装置もしっかりと搭載しており、いち早く緊急事態の情報を把握し管理できるような仕組みになっています。

もしバスジャック事件の乗客になってしまったら…

Free-Photos / Pixabay

バス会社が異常事態発生時に何らかの対策を講じてくれていることはわかりましたが、しかしいざ自分がそんな現場に乗り合わせた場合、その時には自分でも冷静に対処する必要があります。その対処法を見ていきましょう。

バスジャック事件の乗客になったら①落ち着いた行動を

Free-Photos / Pixabay

まずは何といっても落ち着いて行動することです。今回紹介した事件では、携帯が普及した時代に起きた事件もありますが、どれも乗客の携帯電話によって事件が通報されたものではないことが分かります。

事件によっては犯人によって携帯電話を没収されるケースもあるわけです。そうなると警察への連絡は外部を頼るほかなくなり、通報が遅れるということは対応も遅れてますます不安が大きくなり、パニックを起こすことにもつながります。

Free-Photos / Pixabay

しかし、パニックを起こして行動すると犯人を刺激して余計な犠牲者を出す可能性もありますし自分に危害が及ぶことも少なくありません。慌てず冷静に行動し、運転手と警察の対応を待ち、必要あれば協力して極力刺激しないように振る舞うことが求められます。

NEXT バスジャック事件の乗客になったら②脱出はむしろ危険