座間9遺体事件は死体遺棄から発覚した連続殺人事件!白石隆浩の生い立ちや動機も

犯人を情報提供者の女性が誘き出した隙に家宅捜査に踏み切る

その情報提供者の女性は実際に犯人とツイッター上でやり取りをしており、それを最後の犠牲者の兄にツイッター内で伝えたのです。その後それらの旨を警察に伝え、その情報提供者の女性が囮役となり白石を誘い出す事に成功したのです。その間に警察はシリアルキラーの白石の家宅捜査に踏み切り、事件が発覚する事になります。

この9人目の犠牲者の兄と情報提供者の女性がいなければ、更に犠牲者を出していたかもしれません。最後の被害者の兄がツイッター内で妹の行方や情報を呼び掛けていなければ、情報提供者の女性も現れず犯行が判明し事件が解決する事がもっと遠のいていた可能性だって考えられるのです。この2人は事件解決に大きく貢献したと言っても過言ではないでしょう。

座間9遺体事件発覚。死体や被害者の所持品が大量に

PIRO4D / Pixabay

同年10月末、情報提供者の女性が犯人をおびき寄せている間に、警察はすかさずシリアルキラーの白井石の一室を捜索しました。その部屋にはキャンプや釣りなどで用いるレジャーアイテムのクーラーボックス、そして大きな収納ケースなど計8つのボックスがありました。その内7つのボックスの中に被害者たちのカラダが切り分けられた、色々な部位が敷き詰められていました。

中には既に腐っていて異様な匂いを放つものもあり、またこの世のモノとは思えないほど異様な光景が広がっていたのです。そしてその一室には被害者となってしまった9人それぞれの所有物が大量に見つかったのです。それは例えば財布だとかキャッシュカード、学生証だったそうです。そうして猟奇的な犯行がようやく発覚したのです。

座間9遺体事件は犯人の動機が多い!垣間見えるシリアルキラーの顏

こうして警察や最後の被害者の兄、情報提供者であり囮役の女性により、無残な形となってしまった被害者たちの遺体が残っていた事件の現場の一室が発見、更には猟奇的連続殺人犯が逮捕されたのです。逮捕され警察による厳しい取り調べで連続殺人犯は一連の非人道的な犯行の動機を供述しました。そして動機が多数ある事が判明したのです。

その動機は8人の女性が対象になるもので、1人の男性に限っては事件の発覚を恐れて、金を奪って殺害したものでした。では8人の心中を考えている、年齢層が若い女性たちを殺したのは、どのような動機があったのでしょうか?ここではその動機について詳しく皆さんに解説していきます。その動機からきっと異質で卑劣な人格者だという事が垣間見れるはずでしょう。

座間9遺体事件動機①金銭目的~貪欲すぎる金銭への固執~

彼は過去には普通の職に就いて働いている時期もありましたが、最終的には水商売関連のスカウトとして働き同時期に逮捕されているのです。そしてその後はいわばニート、無職となって生活していたのです。その時も実家や知り合い宅に住んでいたわけではなく、一人暮らしをしていて、ご飯も凄く質素で少なかったものだったのでしょう。

彼はこの辺りからとにかく楽をして稼ぎたいと考える様になり、同時に貪欲な金銭への固執が現れてきたのです。そうして強盗のような形で他人を殺してお金を奪うという、あまりに卑劣で残忍な犯行に及ぶ事となったのです。お金目的で幾度も人間を殺す。この考えられないような動機もまさにシリアルキラーの一面なのではないでしょうか?

座間9遺体事件動機②強姦目的~10代女性に異常な執着~

ivanovgood / Pixabay

以前に犯人と交際経験がある当時10代の女性の情報によると、この女性と交際当時も他数名の10代の女性と同時に付き合っていたらしく、初めは優しい男性だったのですが、段々と強い言葉を浴びせられるようになり、また暴力も振うようになってきたと証言しています。つまり事件の前にも犯人の10代女性に異常な執着があった事が判明したのです。

実際に今回の事件も心中を考えている者だけではなく、一貫して若年層の女性がターゲットになっています。そして犯人は彼女らを強姦目的で自室におびき寄せ、その罪を隠すために殺したのでしょうか。犯人の動機は貪欲な金銭欲だけではなく、強姦目的でもこの事件を引き起こしていたのです。その他の女性を狙ったシリアルキラーの多くも性的目的が多いです。

座間9遺体事件動機③快楽殺人目的~遺体解体に興奮?~

更には彼は殺人を犯す事も、その後で遺体を自らの手でばらばらに分解することにも興奮を覚えていたのではないかと囁かれています。その興奮の一つは歪んだ性的興奮から来るものです。常人の精神からは程遠くかけ離れている事が分かります。そしてもう一つの興奮は自尊欲求から来るものだと考えられます。

その自尊欲求とは被害者たちを殺害して、ばらばらに切り刻むことによって自身が主となったかの様に感覚するものです。彼は様々な常軌を逸した動機により、殺人を犯す事に何の躊躇いも抵抗も無くなっていたのではないでしょうか?自分の欲求を満たすために一定期間に淡々と殺人を犯す、即ち典型的なシリアルキラーと言えるでしょう。

座間9遺体事件の犯人は単独犯!驚異の連続殺人犯「白石隆浩」とは

今回の事件では多くの被害者たちが短期間で連続して殺され、遺体をばらばらに切り分けられてしまうのですが、驚異的な事実としてそれらの犯行を集合住宅の一室でそれも1人で行っているのです。そんな猟奇的殺人鬼の名前は『白石隆治』と言います。彼は自身の貪欲な金銭欲、性欲、自尊欲から卑劣で非人道的な犯行の数々を繰り返してきたのです。

犯人が猟奇的であり精神がねじ曲がっていて人格が歪んでいる事は犯行の数々から伺えますが、果たして彼はどんな人物だったのでしょうか?こちらの見出しでは驚異の連続殺人犯の詳細を簡潔に皆さんに解説していきます。彼の年齢や職業、経歴など判明している事をそれぞれまとめて記述していきます。

座間9遺体事件当時27歳・無職

猟奇的殺人犯の白石の年齢は当時27歳でした、現在ではおそらく28か29歳でしょう。詳しい生年月日については不明です。そして彼は当時無職だったのです。事件が起きて逮捕されるまでの半年間近くほぼ働いていない事が分かっているのです。どのように生活していたかはわかっていませんが、無職であれば当然お金に困る事でしょう。

また白石は逮捕された跡『楽して稼ぎたかった』『ヒモになりたかった』などと供述しており、この事からも貪欲な金銭欲があった事が分かるのではないでしょうか。では無職になる前はどんな仕事に就いていたのでしょうか?次に白石の経歴について皆さんにご紹介していきます。

NEXT 風俗店のスカウト勤務で執行猶予付き有罪判決を受けた過去も