【東電OL殺人事件】概要と冤罪の人物の現在、真犯人の考察と陰謀説も解説!

新証言は必要不可欠

jarmoluk / Pixabay

人の記憶というのは、時間が経過するにつれて薄れていくものではありますが、少し時間を置くことによって急に思い出されることもあります。刑事の人が何度も同じ質問をするのは、新たな話を聞きだすためでもあります。

何度も同じ話を聞かされて嫌になる場合ももちろんありますが、事件解決のためには人々の協力は必要不可欠でありどんな些細な情報が事件解決につながってくるかわかりません。これも未解決事件を作りだなさないための1つの方法でもあります。

警察側の取り組み

Free-Photos / Pixabay

警視庁では2007年に捜査特別報奨金制度を導入し、未解決事件の情報提供の増加に力を入れています。これまでにも柴又上智大学女子大生放火殺人事件、スーパーナンペイ強盗殺人事件など専属捜査が行われている事はありますが、進捗のない未解決事件に関しては新しい事件に捜査員を割り振るため、捜査本部が閉鎖されることもあります。

そこで2009年に未解決の殺人事件などを専門的に扱う「警視庁特命捜査対策室」というチームを作り捜査に当たっています。過去の捜査の再聞き込みや再検証し、DNA型鑑定など科学捜査で被疑者逮捕を目指すしています。

ar130405 / Pixabay

更に、警察庁は未解決事件の捜査専従班を警視庁と各道府県警察に設置する方針を2010年に決めています。凶悪事件に対する公訴時効の廃止・延長に伴い、未解決事件に対する捜査体制強化及び解決のための前身に伴う方針となります。

海外での未解決事件の取り組み

derooijfotografie / Pixabay

  • アメリカ;受刑者らが未解決事件についての情報を知っていることが多いとされており、未解決事件の概要や犠牲者の顔が印刷されたトランプを配布して受刑者からの情報を聞き出しています。また、犯人逮捕への有益な情報となった場合司法取引により刑が減刑されることもあります。
  • オランダ:オランダの警察当局は、研修で訪れたアメリカの刑務所で、未解決事件の内容が記載されたトランプで遊ぶ服役者の姿を参考にして、カレンダーを発案しています。毎週毎に1件の未解決事件の概要が記載されたカレンダーを製作して刑務所で受刑者らに配布して情報を聞き出しています。

テレビなどから呼びかけ

Pexels / Pixabay

近年では、テレビなどで未解決事件の紹介などがされておりテレビで放映されることにより多くの情報提供を呼び掛けています。顔が似ている気がするなどの些細な情報でも点と点がつながれば一本の線になりますので、世間の皆さんの協力が必要になります。

東電OL殺人事件は真犯人不明の謎の事件

pixel2013 / Pixabay

冤罪事件となったこの事件は真犯人はいまだに不明となっています。事件は時効が成立しているためたとえ真犯人が明らかとなってもその人物は逮捕されることはありません。しかし、様々な犯人説が噂されている中で、冤罪被害者はもとより被害者・被害者家族のためにも一刻も早く事件の真相が明らかになる日を望みます。

他、1985年に起きた未解決事件に関する記事はこちら

他の冤罪事件に関する記事はこちら