【東電OL殺人事件】概要と冤罪の人物の現在、真犯人の考察と陰謀説も解説!

東電OL殺人事件の被害者「渡辺泰子」さんの家族とは?

sarahbernier3140 / Pixabay

被害者の家族関係については詳細なことはわかってはいません。しかし、親の愛情は妹にのみ注がれており自分は親からの愛情をもらうことができなかったと感じていたことや、親の愛情をもらうために拒食症が慢性的になっていたことなどが見て取れる状況でした。

東電OL殺人事件を追い、ゴビンダ氏から神様と呼ばれた「佐野眞一」とは?

lukasbieri / Pixabay

ゴビンダ氏は佐野眞一さんのことを神様と呼んでいます。佐野眞一さんはノンフィクションの作家さんですが、ゴビンダ氏への捜査の方法や進め方など様々な点に疑問を抱き独自の視点で追い続けた方になります。

東電OL殺人事件の真犯人とは?巣鴨住人説

stark8 / Pixabay

この事件は未解決のままですが事件の真相に結び付く真犯人説は噂を含め色々な説が存在しています。まず1つ目に存在している説は巣鴨住人説になります。理由としては事件発覚の4日後に巣鴨の路地裏で被害者の定期券が見つかっています。

被害者の女性は巣鴨近辺では接点がないため、犯人が持ち出し巣鴨の路地裏へ捨てたのではとの見解があります。巣鴨地域は当時イランやバングラデシュ系の人が多く暮らしていた地域になりますので、事件現場で目撃されていた外国人男性は巣鴨地域に住む外国人ではとの推測が出ています。

東電OL殺人事件の真犯人とは?反原発を嫌った陰謀説

jplenio / Pixabay

2つ目に紹介するする真犯人説は、反原発を訴えたことによる陰謀ではとの噂のある説になります。東京電力の社員ではありましたが原発の危険性を訴える書類を作成していたと言われています。他の書類のレポートなどの評価も高かっため、反原発に関する書類も完成度は高かったとの噂があります。

東電OL殺人事件の陰謀説①被害者は親子二代で反原発だった

geralt / Pixabay

被害者女性のみならず、大学時代他界した被害者の父親も東京電力の工務部に配属されていた時に、原発の危険性を訴えていました。父親は役員候補として優秀な人材でしたが、原発の危険性を指摘したことにより降格となっています。娘である被害者も父親の意志を受け継ぎ東京電力に入社しており親子二代で原発の危険性を問題視していました。

東電OL殺人事件の陰謀説②被害者による原発の危険性の指摘

jplenio / Pixabay

1993年に経済調査室副室長に昇進していた被害者ですが、この部署は電力事業が経済に及ぼす影響を研究する部署であり月に1本か2本のテーマの報告書を作成しており高い評価を得ていたと言われています。そのテーマの中には原発の危険性を指摘するテーマの研究もあったとされています。

東電OL殺人事件の陰謀説③東電トップを疑う声も

PhotoMIX-Company / Pixabay

この反発を嫌った陰謀説には東京電力のトップに近い人物が関係しているとされています。その人物とは当時は被害者の直属の上司であった取締役企画部長で現在は東電の会長をされている勝俣恒久さんと企画部管理課長は藤原万喜夫さんで現在は副社長の地位にあることから、かなり強い圧力がかかっていたことが推測できます。

被害者女性は内部告発も視野に入れていたとの噂もあり、原発推進派の幹部たちにより殺害されたのではとの噂もあり幹部自ら手をくだしたのではなく別の実行犯に犯行を行わせたのではとの説が存在しています。

東電OL殺人事件の真犯人とは?ヤクザの犯行説

TheDigitalArtist / Pixabay

最後の説はヤクザによる犯行説になります。被害者が売春をしていたことは、家族だけではなく東京電力社内でも周知の事実だったとされています。ヤクザ犯行説には2つの説が存在していますので、それぞれ紹介していきます。

NEXT 東電OL殺人事件のヤクザ説①売春による金銭トラブルか