【東電OL殺人事件】概要と冤罪の人物の現在、真犯人の考察と陰謀説も解説!

東電OL殺人事件の作品②マンガ

ウラノルマ コミック 1-3巻セット (GAコミックス)

Amazonで見る

この事件をモチーフにしたマンガは1つあります。タイトルは「ウラノルマ」と呼ばれ主人公が被害者の渡辺泰子をモチーフにしている作品となっています。作者は坂本周一さんでグローンアローン出版社から発売されており全3巻で成り立っています。

東電OL殺人事件の作品③映画

geralt / Pixabay

映画は2つの作品がありどちらも年齢制限がある作品で2004年と2011年に公開された作品となっています。被害者の夜の様子や抱えていた闇などについて描かれている作品となっている2つの作品をそれぞれ紹介していきます。

TOKYO NOIR

出典:Amazon

 

  • 公開日:2004年9月 3篇によるオムニバス作品でR-15の年齢制限があります。
  • 主演:BIRTHDAY「吉本多香美」、GILS’LIFE「中村愛美」、NIGHT LOVER「吉野きみか」
  • 内容:「BIRTHDAY」7歳の誕生日に父が失踪してしまい、それ以降誕生日にはよくないことが起きると信じる3キャリアウーマンが美容院に飛び込み、美しい化粧をして客の待つホテルへと向かっていく作品となります。「GIRL’S LIFE」恋人を友人に奪われてから夜は風俗嬢として男の欲望を満たしてきた女子大生の前に元カレが客として現われる内容になります。「NIGH LOVERS」ネットで同じ名前の“愛人・ナオの独り言”というのを見つけ様々タイプの女性を演じるもう一人のナオに興味を抱いていく内容になります。

恋の罪

 

出典:Amazon

  • 公開日:2011年11月 R-18の年齢制限があります
  • 被害者女性役:冨樫真
  • 内容:大雨の日にラブホテル街にあるアパートで女性の死体が発見されることから始まります。事件を追う刑事、幸せな家庭を持ちながらも愛人との関係が続いており、彼女は捜査を進めるうちに、大学のエリート助教や、売れっ子小説家の妻の秘密を知ることになっていくサスペンス映画となっています。

東電OL殺人事件の作品④テレビドラマ

AlexAntropov86 / Pixabay

連続ドラマで1999年7月から9月まで放送された「独身生活」になります。江角マキコさんが主演を務めており、事件を直接取り扱った作品ではありませんが、主人公の女性が被害者の東電OLの設定となっています。ドラマでは東電OLではなく職業は銀行員となっています。

東電OL殺人事件以外の謎の多い未解決事件

geralt / Pixabay

この東電Ok殺人事件以外にも未だ真犯人不明のまま解決されていない事件は日本に数多く存在しています。どのような事件が未解決のままなのか、いまだに謎に包まれている未解決事件について紹介していきます。

NEXT 東電OL殺人事件の類似事件①