韓国の若者の未来は「チキン屋か餓死」?その理由は就職難?

韓国のチキン屋は日本に進出するも失敗

日本には今やたくさんの韓国料理屋があります。韓国のチキン屋も日本への進出を試みましたが、受け入れらることはありませんでした。その理由を説明します。

飽和した国内市場から海外へ

Free-Photos / Pixabay

飽和状態と化した韓国のチキン屋は日本に進出を果たします。理由として韓国で「チメク」が流行し、定着していったので日本にも広げようという動きです。しかしそれが受け入れられることはなく、「チメク」は定着せず失敗に終わったのです。

日本のコンビニのチキンは質も高く安い

韓国のチキン屋が日本進出に失敗した理由の一つとして、日本のコンビニのチキンの質が良い点があげられます。日本のチキンは美味しいだけでなく価格も安くなっており、韓国のチキンよりも種類が豊富なのです。韓国のチキンよりも、質の高く安価な日本のコンビニのチキンが選ばれたのです。

ビールの飲み方が違う?

Alexas_Fotos / Pixabay

韓国ではチキンとビールを組み合わせる「チメク」が大流行しましたが日本と韓国ではビールの飲み方が違うため、日本で「チメク」が受け入れられなかったという意見もあります。

日本人はビールをジョッキで頼んでもちびちびと飲み進め、あまり量を飲まず、一杯でごちそうさまの場合も多いのですが、韓国人は飲み続けるのだそうです。この違いが「チメク」の流行を左右したと推測する声が多いのです。

アメリカでは成功しているという噂も

Ronile / Pixabay

日本進出には失敗しましたが、アメリカでは成功しているという噂もあります。アメリカには日本のコンビニのようなクオリティの高いライバル品が少なく、一定の需要を取り込めたということがあるのでしょう。

また、アメリカの食文化的にジャンクフードが好まれる傾向が背景にあることも影響しているようです。

チキン屋に対する韓国人の反応

sasint / Pixabay

チキン屋の厳しい現状について、実際に韓国人は以下のように感じているようです。

■  結局、自分のお店は生き残り、他人の店は潰したいと思ってる店主たち。

■  需要より供給が多いのに価格は上がるという珍現象。

■  人生の終着点は、チキン屋だ。

■  チキンとチキンゲームするチキン中華民国。

■  経済活動人口の4分の1が自営業者(笑)ふふふ。 (引用:海外の反応|翻訳部)

韓国人は自虐的にチキン屋問題を語っています。街中にチキン屋が乱立し、熾烈なサービス競争を繰り広げている厳しい現実に困り果てている様子が伝わります。

韓国のチキンの衣は日本よりもザクザク

sharonang / Pixabay

韓国人のチキンの好みは、サクサクというよりもはやザクザクとしたお煎餅のような触感を好みます。そのため韓国のチキンは日本よりもザクザクとした触感の衣が主流です。

ザクザクチキンの作り方

日本でも韓国のようなザクザクとしたチキンを作りたいと思っている方には、ユーチューブで動画がたくさんアップされているので参考にしてください。

 

NEXT 失敗しないチキン屋を紹介!【韓国編】