人工地震とは?嘘なの?その仕組みや過去に起きた日本の地震を検証

「ちきゅう」が起こしたと言われる根拠は?

cocoparisienne / Pixabay

紀伊半島で発生した地震に関係しているのではないかと言われています。回船していた場所が、たまたま震源地付近だったことから噂が流れました。確実な証拠も残っていないため、真相は定かではありません。

日本でも人工地震が?①北海道地震地震

Angelo_Giordano / Pixabay

外国で過去に意図的な地震が起こることはありましたが、日本では報告されていませんでした。それが上塗りされた疑惑が2018年にありました。自然にできた揺れなのか違ったのか考察します。

北海道胆振東部地震が怪しい

DarkWorkX / Pixabay

9月6日の夜が明けようとした頃に突如大きな揺れが襲いました。このころは立て続けに日本各地で災害が起こっており人々を恐怖と不安に陥れたのでした。

なぜ怪しまれているのかは、震源地に隠れていました。

断層が震源地から離れている

8385 / Pixabay

本来の地震では、断層が動いたことによる振動から発生します。ですが不思議なことに震度6強という数字を叩き出したにもかかわらず、断層が発見されなかったというのです。

自然にはいまだ解明されていない神秘な部分もあるので断定はできないことではありますが、現在の研究で分かっている範囲では震源地から相当離れた揺れは珍しいといわれています。

震源地がCCS施設に近い

Free-Photos / Pixabay

土の中に人工的に作られたエネルギーを貯めておく貯蔵庫が近くにあったことが今回の疑惑の要因となっているのです。火力発電や工場で燃料を燃やしたときに出た二酸化炭素を、空気中に出してしまえばオゾン層破壊に繋がります。

大気保護するため、土の中に埋めて処理しようと考えられたのが、この施設の役割です。何らかの原因でガスが破裂をしたことで大きな被害が出たのではないかと囁かれているのです。

日本でも人工地震が?②大阪地震

Free-Photos / Pixabay

次に怪しまれている件についても考察していきましょう。現在災害が起こる数分前にスマホにお知らせが入るようになっています。

そのため対処もできますが、今回はどういうことか揺れが始まったほどにお知らせが鳴り響いたというのです。早速みていきましょう。

大阪府北部地震の事象とは

nvtrlab / Pixabay

自然で起こる地震には波長が2種類あり、P波が始めにキャッチできるのでスマホにお知らせをすることができるのです。その後にS波が辿り着き揺れとなる構図です。

ですが今回ではP波がなく直接揺れが起こったのです。そのためスマホに注意を促すことが遅れてしまったのです。このことから自然に起こったものではないことが疑われます。

安倍政権が関わっているという都市伝説

skeeze / Pixabay

まことしやかに流れている噂ではありますが、大阪地震が起こったのが7時58分でした。その2分後には災害対策する部が設置されたと発表があったのです。

頻繁に起こっていた記事ですから万を期しての対処だったとも、とれますがあまりに迅速な対応だったため、前もって知っていたのではないかと言われてしまったのです。

NEXT 人工地震といわれる理由