人工地震とは?嘘なの?その仕組みや過去に起きた日本の地震を検証

核爆弾の人工地震の可能性

WikiImages / Pixabay

上記で起こった人工の疑いがある地震のように、震源深さが10㎞でした。掘削船である「ちきゅう」の回船区域であり震災した直後も存在していたことが可能性を高めているのです。

そして揺れが収まったのちに、海では大きな渦巻きが起こり海中に流れ込んでいくことが発覚しています。この場所で爆発が発生し穴ができたところに水が入りこんだと思えてなりません。

南海トラフ地震は人工地震で起きるのか

TheDigitalArtist / Pixabay

たくさんのプレートが組み合わさっている一帯であり、いつかは起こると恐れられています。もし発生したら、その被害は凄まじいものと想定されており、度々メディアで取り上げられてもいます。

実際に到来したとしたら、私たちに及ぶ大きな被害を考察します。

南海トラフとは

太平洋やフィリピンといった大きな断層が入り組んでいる場所に、ちょうど日本はあります。頻繁に断層の動きがあれば小さな震度で住むのですが、長年発生しておらず歪は相当なものと言われているのです。

そのため発生したときの被害が凄まじく今まで起こった震災でもナンバーワンではないかと噂されています。

南海トラフ大地震が起きた場合の被害予想

ractapopulous / Pixabay

33万人もの人が命を落とすのではないかと言われており、その被害は東日本大震災の約20倍です。都心の影響も大きいとされるため被害額も莫大です。震度は7以上と言われています。

電車など公共機関も全滅すると言われ避難者が950万と予想されているのです。起これば日本は破滅に向かうでしょう。

未来人が予言したとされる地震について詳しく知りたい方は、こちらも良かったらご覧ください

南海トラフ大地震と地球深部探査船「ちきゅう」との関わり

Free-Photos / Pixabay

震源予想付近で目撃されています。日本が管理する船ですので日本人が操縦をし探索をしているものと誰もが思うでしょう。実際は外国人が操つり、手当たり次第に穴を掘っていると言われています。

日本海域になぜ外国人が潜伏し、日本の税金で船を操っているのかダークな背景があることを助長しているかのようです。

人工地震の次なる標的

leegenhyung / Pixabay

断層がいくつも入り組んで一つの地面として形成されています。ですから一度どこかで大きな地震が発生すると、それが刺激となって次なる被害が起こりやすくなると判明しています。

次なるターゲットとはどこでしょうか?

大きな震災が連鎖を生む

WikiImages / Pixabay

昔に起こった南海トラフ地震でも前兆として違うポイントで震災が起こっています。多くの研究者も取り上げているように、次は南海トラフが怪しいとされています。

ですからメディアも注目し、被害などの予想を立てているのでしょう。

人工地震が発生したときにできること

Myriams-Fotos / Pixabay

自然地震とは違い爆発したかのように突然激しい揺れが起こることが特徴的です。スマホへお知らせが行く前に被害に遭う可能性は高いです。その時、わが身を守るためにできることは何でしょうか?

NEXT 遭遇したとき