おっとい嫁じょとは?女性をレイプし結婚する狂気の誘拐婚の事件と現在

ユニセフなどが撲滅を目指している

geralt / Pixabay

世界中で誘拐婚により被害を受けている女性が多くいます。そのような女性達は精神的な苦痛や暴力、体力的に被害にあい、苦しめられている人たちが大勢います。そのような人たちをなくすためにも、誘拐をする男性陣をなくすためにも、ユニセフ等は日々問題に取り組んでいるのが事実です。

おっとい嫁じょ以外にも女性の人権を無視した結婚がある!?児童婚とは?

ijmaki / Pixabay

この世の中に女性の権利を無視したしきたりややり方、さまざまなことがたくさんあふれています。その中でも数件ご紹介しましたが、まだまだ他にもたくさんあります。それではこれらをより深く理解するためにも、児童婚も起きていることを解説していきます。

児童婚とは①イエメンで8歳の女児が被害にあった県が有名

Greyerbaby / Pixabay

中東に位置するのイエメンで起きたことです。わずか8歳の女の子が結婚させられてしまうということが起きていました。ユニセフが定めた児童婚とは18歳未満の女性のことを指します。そして、世界で五人に一人が児童婚を体験しており、とても悲惨なニュースとして取り上げられています。

児童婚とは②児童婚の被害者による映画の撮影

igorovsyannykov / Pixabay

彼女は小さい体ながらも経験から離婚まで、大人がするような人生を早々と経験させられてしまいました。彼女の父親は母親に家庭内暴力を振るっていて元々家族という一般的な家庭を見たことがありませんでした。そうこうしてる時に結婚が決まってしまい、家庭であった出来事から逃れるため通っていた学校も通えなくなりました。

そして成熟した男性に容赦なく苦しみを与えられます。そして最終的に自分の家に戻ることができたものの母親以外に否定され出て行くことになってしまったのです。その様な出来事を、自分の体験を犠牲にして多くの人に知ってもらえるよう作られたものが映画としてなりました。

児童婚とは③バングラディッシュの児童婚も有名

Takmeomeo / Pixabay

バングラディッシュでも多くの児童が結婚させられているというのをよくききます。これは13歳の少女の話ですが、とある結婚式に呼ばれ赴いた時、それは自分の結婚式であったと知らされます。相手は30代の少女が通う学校に関係した勤め先で働いている人だそうです。

彼は彼女に暴力などを振るいはしなかったそうですが、性的な方で多く被害に遭っていたそうです。最終的に警察に保護された彼女ですが、この国での罪は軽すぎるほどで、罰金約1200円程度なのです。その後男性も何も罪に問われることもなく、今現在も彼女を脅迫しながら生活してるそうで、世の中不公平なことが多すぎると感じます。

児童婚とは④児童婚が活発な国は?

Free-Photos / Pixabay

最も児童館で問題となってる国、世界中で活発に起きている10カ国のなかで8カ国はアフリカ大陸に住む人々がおおいとされています。アフリカだけでも1億2500万人の女の子が結婚させられていて、18歳未満の子は三人に一人での割合と高い数値であらわされています。

比率で表すと、どこの国も約50%近くから約80%の子供達が結婚し生活しています。彼女らはおそらく学校に行くことが許されず、家事をし、ひどい時には暴力を振るわれ怯えて、男性陣の欲求を満たしているのです。このようなことが一刻でも早く消えて無くなって欲しいと願うばかりですね。

おっとい嫁じょ以外の日本のおかしな風習がある

JamesDeMers / Pixabay

これまでに誘拐婚などについてご紹介してきました。どこの国でも似たようなことはされていて驚くべきことですね。そしておそらく、このようなしきたりがあったのなら他にもおかしなしきたりも存在するはずでしょう。では次にこれらを調べていきたいと思います。

奄美大島のヤドカリ葬

stokpic / Pixabay

昔奄美大島で一部の集落が変わった埋葬をしていました。というよりも、今で言う火葬や土葬とは違うやり方で、とある島に遺体を運び、そこで暮らすヤドカリたちに食べてもらうとやり方です。なかなか変わったしきたりですね。

そして、ヤドカリたちは遺体を食べ、骨だけにして、私たちは亡くなった人達の悲しみをしたりました。ある時は静かな暗闇の夜に、遺体を食べる音が聞こえた時もあったそうです、そんな夜は怖くて眠れませんね。

NEXT 鹿児島のクロ宗