大津いじめ事件の全貌!加害者の現在やその後の影響、学校の問題点とは

大津いじめ事件の加害者のその後と現在

Capri23auto / Pixabay

同級生の暴力が発端となった今回の事件は、異例の学校側の隠ぺいなど異例の事態を起こしながらも判決が下り、正式に処罰が課せられました。当然加害者たちもその後すぐに平穏な生活に戻れたとは思えませんが、彼らはその後どうなったのでしょうか。

木村束麿呂と山田晃也は京都に転校

Free-Photos / Pixabay

暴力行為を働いていた生徒の名前は、木村束麿呂、山田晃也、小網健智の3人になります。そのうち、木村と山田の両名に関しては、京都に転校したということが分かっているようです。

他の都道府県であれば少しは通常の生活に戻れると考えたのかもしれませんが、すでに両名の名前は京都でも拡散され知れ渡っており、安寧の生活という訳には行かなかったようです。そこで木村の方は改名という手段を取ったとの噂もあります。

DariuszSankowski / Pixabay

其れでなくとも変わった名前であり目立つ名前だったので、改名をして暮らしていたといわれています。しかし、名前だけでなく写真まで出回っているので安心した生活は遅れていなかったのでしょう。別の噂では、どうやら海外へ逃げたとの噂もあります。

山田も同様に京都への転校を果たしていますが、その後の噂は特にないようです。逃げて生活をしているといった事もないので、どこかで生活をしているのでしょう。

小網健智は転校しなかった

congerdesign / Pixabay

残りの加害者である小網の方は転校先でも問題を起こすほど不真面目な生活を送っていたようで、2浪してしまったといわれています。

彼に関しては他の二人の様に転校はしませんでした。しかし、住所が特定されたことで結局は、北九州に転校することとなります。

Foundry / Pixabay

転校先は北九州予備校山口校との噂があり、寮生活の必要があるために、周囲のメンバーから腫れもの扱いを受けるなどの噂もあり、手が付けられないほど暴れることもあるとうわさされています。

事件後も教師への暴行事件を起こしていた

stevepb / Pixabay

三者それぞれ、転校先でも素行の悪さや逃避行動が見て取れる中、どちらがやったかまでは不明ですが、再び暴行事件を起こしたようです。内容は、女性教師に全治一カ月にも及ぶ怪我をわせたという物でした。

この怪我の騒動は、当時自殺事件の捜査の途中だったこともあり、訴訟への影響が考えられ、その結果大事にしないように取り計らいが行われたそうです。ここでも事件を隠ぺいしようと動いたとみられています。

Tumisu / Pixabay

しかし、もちろんどのようなことであれ事件は事件です。警察へと被害届が出されたことで事件発覚となりました。

大津いじめ事件加害者の親の反応と影響

skalekar1992 / Pixabay

加害者である人物の反応や学校側の反応について紹介を行ってきましたが、この加害者の親たちは何をし、何を感じたのでしょうか。親の反応とその後の影響について調べていきましょう。

事件後反省している様子は無し

lincerta / Pixabay

実はこの加害者の親も反省をしていないのではないかと捉えられる発言をしているのです。問題視されたのが木村の父親の主張内容でした。彼は自分の息子が他人を自殺にまで追い込んだことを棚に上げて、言うに事欠いて自分の息子こそ被害者と主張をし始めたのです。

彼が放った発言に関しては以下にまとめますが、その内容から全く反省の色は見られません。どころか、自分の息子が自殺をしたらそれこそいじめではないのかと反論し、さらにはアンケートも信用性がないものと一蹴したのです。

Alexas_Fotos / Pixabay

息子をかばうためとはいえ、そこまでやっていいことなのかと当時批判を浴びせられたようです。さらに、母親も異常な行動に出ます。学校の前でビラを撒いたのです。息子をかばいたい一心だったのかもしれませんが、無実で被害者と訴えてビラ配りしたといわれています。

「あんたの子供は死んだけど、自分の子供は生きていかなくちゃいけない。ほんとどうしてくれるんや!」

「冗談真に受けてホントに自殺するなんて、こっちが被害者やわ」

「いじめたと公にされると、うちの息子が彼(被害者の少年)を殺したのと一緒という感じがする」

「周りからのいじめていたという目は、学校や社会からのパワハラみたいなもの」

「うちの息子が自殺したらどうするんですか?これ(いじめと認める行為)はいじめではないのか」

「アンケートは無関係の人間が憶測で書いただけ。いじめはなかった」引用:ニコニコ大百科

NEXT 木村束麿呂の父親の情報が拡散された