廃墟だったリバーサイドモール!起こった事故や跡地の現在など詳しく紹介

パワースポットとしては当たりだった?リバーサイドモールにいた占い師

Didgeman / Pixabay

実はモールの施設と会社の権利が海龍に売却される前、良く当たると評判の占い師がモールで占いをしていたことが分かっています。海龍のパワースポット化計画はあながち間違ってはいなかったのでしょうか。

笑顔セラピスト「南クララ」

AbsolutVision / Pixabay

その占い師とは「占いの玉手箱」に所属する南クララ氏。南氏は行列ができるほどの評判で、人々からは「恋愛セラピスト」「恋愛の母」と呼ばれ活動していた名古屋、岐阜ではとてつもない知名度を誇ります。

その後の活動

komahouse / Pixabay

モールから撤退した後は、活動拠点をトヨタグループの経営するショッピングセンター、「カラフルタウン岐阜」に移し、そこで占いを続けていたようです。やはりモールの場所はパワースポットとしての力は無かったようです。

LCワールド本巣が「生きる廃墟」としてネットで話題に?

cpmacdonald / Pixabay

ここまで主にモール側の事情について解説してきました。しかし、モールの道路を挟んで向かい側にあったリオワールドの方はどうなったのでしょうか。モールの問題の後のリオワールドの動向に目を向けていきます。

ツイッターに投稿された生きる廃墟・LCワールド本巣

廃墟と化したモールは長らく放置されたままでしたが、リオワールドの方もモール側の問題が尾を引いたのかテナントの流失が止まりませんでした。2011年、リオ横山HDは不動産企業の「ロジコム」へとリオワールドを売却。名前もLCワールド本巣に改名されます。

しかし、その後もワールド側のテナントの流出は止まらずについにはイズミヤの後を引き継いで食料品を販売していたトミダヤだけが残り、そのトミダヤも2016年に営業規模を縮小、玉ねぎの無人販売所だけになってしまいました。

「玉ねぎモール」 「日本一広い玉ねぎ販売所」として話題に

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

こうしてわずか1テナント、それも無人の玉ねぎ販売所のみになったLCワールド本巣は、「日本一広い玉ねぎ販売所」「第二のピエリ守山」と呼ばれ、生きる廃墟としてインターネットで話題を呼ぶこととなりました。

ピエリ守山とは?

今も滋賀県で営業している大規模ショッピングモールで、2008年の開業当時、リーマンショックの影響を受け開業時200あった店舗がわずか4店舗にまで減少。照明やエスカレーターの電気系統は動いているのに大量の空き店舗と買い物客の少なさから「生きる廃墟」と呼ばれ、インターネットで話題になりました。

まだまだあります!生きる廃墟

Free-Photos / Pixabay

生きる廃墟と言われているのはピエリ守山やリバーサイドモールだけではありません。別の駅が出来て人の出入りが無くなった、PVのロケに使用されている等、日本に存在している生きた廃墟を紹介しましょう。

イベント会場「ロングウッドステーション」

千葉県にある広大な敷地を持つ元ショッピングセンターで、2004年に「アウトレットコンサート長柄」がオープンしましたが、親会社の倒産により閉鎖。その後2009年にロングウッドステーションとしてオープンしています。

その後も電動ラジコン店だけが存在していましたが2019年に移転のため営業終了。現在はプロレスやサイクリング等のイベントがしばしば開かれていることと、音楽PVやドラマのロケ地として使われています。

NEXT 役割を終えた駅、東成田駅