射殺されたAV女優里中まりあとは?生い立ちや事件概要まとめ!

AV業界とヤクザ界①昔はスカウト場所代をヤクザに払っていた

pasja1000 / Pixabay

ヤクザたちには縄張りというものが存在し、その領域の中で売上をあげなければなりません。事件当時のAV業界とヤクザの繋がりはそこにありました。AV女優や風俗に務める女の子を、AV業界にスカウトする仕組みにヤクザが絡んでいました。

スカウトマンはヤクザに利用料を支払い、初めてスカウト出来たのです。払えなければ追い出されてしまいますが、トラブルが起きた時には、後ろ盾になります。今は考えられないでしょうが、当時は本当にそのようにしてヤクザは資金を集めていたのです。

AV業界とヤクザ界②現在は「暴力団対策法」の効果を発揮

jessica45 / Pixabay

しかし、そんな時代も長くは続きませんでした。「暴力団対策法」ができたことにより、暴力団の行動に制御がかかったのです。そのおかげで今は、暴力団とAV業界でのつながりは、ほとんどないとされています。実際に現在活躍されているAV女優は、生き生きしている人も多いです。

里中まりあさんだけじゃない!AV女優の悲しい最期

Alexas_Fotos / Pixabay

彼女のように、AV業界にいた時期が悪かった、偏見や中傷に耐えきれずに亡くなる人、また原因もはっきりしない死に方、自殺をする方が多いのもAV女優の特徴です。悲しいことに、若くしてなくなる方が大勢います。今回はその中でも少ないですが、悲しい最期を遂げた女優を紹介しましょう。

悲しい最期を迎えたAV女優①桃井望

2002年10月12日に、車が炎上しているのが発見されました。焼死体で出てきた男女の女性が、桃井望さんです。灯油をかけての焼身自殺が疑われましたが、現在他殺であると分かり、まだ事件は続いています。享年24歳でした。

悲しい最期を迎えたAV女優②麻生美由樹

GoranH / Pixabay

2008年4月18日に自殺をしたのが麻生美由樹さんでした。死に方も硫化水素自殺であり、前々から話題に昇っていて、世間を騒がせました。もともと舞台やグラビアアイドルとして活動していた彼女は、AV業界に転身します。

お笑い芸人50人と関係を持ったことを週刊誌に暴露をしたことで誹謗中傷の的となり、耐えきれなくなった彼女が選んだ最期の道でした。彼女の暴露行為に激しく避難したのがキングコングの西野亮廣さんと言われます。享年24歳でした。

悲しい最期を迎えたAV女優③林由美香

2005年6月26日に、林由美香さんは自宅で息を引き取りました。当時は自殺や事故の可能性も考えられたものの、自然死と発表されています。彼女は一回親にバレてAV界から引退も経験、ピンク映画にも出演、政界にまで進出しようと試みた女性として有名です。

数々の賞も受賞しており、亡くなった翌年2006年4月に、第18回ピンク大賞特別賞を受賞しています。最期までビデオが回っていたことがわかり、後に映画として公開されています。享年34歳でした。

悲しい最期を迎えたAV女優④倉沢七海

2004年8月19日に飛び降り自殺をしたのが倉沢七海さんでした。原因は恋人との結婚がなくなったとされています。亡くなる1週間前にも自殺未遂を起こしており、この段階でなんとか食い止めることはできなかったのか悔やまれます。享年28歳でした。

悲しい最期を迎えたAV女優⑤AYA

小室ファミリーとして華々しくデビューするも飛び降り自殺の道を選んだのがAYAさんです。2010年10月23日の出来事でした。数々のジャニーズの歴代彼女と噂されています。彼女はAV女優からでものし上がると本気で信じていて頑張っていました。

自殺の原因は様々噂されていますが、最後に部屋の非常ボタンを押している事から、自殺ではないのではないかとの憶測も出ています。最後には精神的にも追い詰められていたそうです。享年30歳でした。

NEXT 悲しい最期を迎えたAV女優⑥飯島愛