レイプツリーとメキシコ麻薬戦争|超危険地帯で横行するレイプ殺人の背景

麻薬カルテルに逆らった女性市長さえも殺害

Tama66 / Pixabay

これまでにも危険であることは理解したうえで、現状を打破するために、レイプツリーにかかわる麻薬カルテルにあらがおうとした人は、存在していました。

しかし、組織の支配に抵抗する人には、報復に打って出るのが麻薬カルテルという組織です。実際に対抗的な姿勢を示した人々はどのような運命をたどったのでしょうか。

マリア・ゴロスティエタ市長殺害

zoosnow / Pixabay

違法行為が蔓延するメキシコ・チワワ州の希望となるはずであった、マリア・ゴロスティエタ市長はその目的を果たすことはできませんでした。残念なことに、殺害され、野原に転がる結果となったのです。

殺害以前にも数度の襲撃

Dieterich01 / Pixabay

襲撃を受け死の危険を感じるような事件は、殺害当日だけではありませんでした。死に至る程ではなかったにせよ、計3度襲撃を受けていました。その度に、なんとか命だけは、とりとめていました。

受けた傷を公開「戦い続ける」宣言

Anemone123 / Pixabay

何度も襲撃を受けつつも、マリア・ゴロスティエタ市長が麻薬カルテルに屈することはありませんでした。襲撃により、追った傷をメディアに公開し、組織の残虐性を世の中に公開するという行動をとったのです。

そして、まともなところが、どこを見ても無いような傷を体に負いながらも、命を顧みない犯行を行う組織に対し、徹底的に戦い続けることを宣言したのです。

内臓破壊

Free-Photos / Pixabay

実際に負った傷は、数も多いですが、その重症さもすさまじいものでした。その時に受けた暴力は、内臓が破壊するに至りました。使い物にならなくなった内臓を全摘出しての、大手術を市長は受けることとなりました。

人工肛門

Comfreak / Pixabay

非人道的な被害を負わせてしまうがために、使用が禁止されているダムダム弾の威力は壮絶なものでした。

内臓を全摘出しての大手術の結果、命はとりとめましたが、すべてを生の臓器で手術を行うことはできないほどの傷を負っていました。そのため、市長は、人工の肛門を取り付ける事態となりました。

2012年農場でマリア・ゴロスティエタ市長遺体発見

Free-Photos / Pixabay

死線を何度もくぐったマリア・ゴロスティエタ市長ですが、どんな報復行為にも、対抗し続けることを公言していました。そんな彼女は、ある日子どもと2人で車を運転しているところを襲われ、誘拐されました。

その遺体は後日、野原で変わり果てた姿で見つかることとなりました。せめてもの救いは、彼女が拷問もレイプも受けることがなく頭に銃弾を撃ち込まれて亡くなったということだけでしょう。

もう1つ、彼女の救いになることがあるとすれば、一緒に車に乗っていた子どもは、彼女の必死の懇願の結果なのか、誘拐されることはなく車内に残ったままだったということです。

麻薬カルテルに立ち向かった女性弁護士も殺害

witwiccan / Pixabay

市長と同じく、メキシコの平和と秩序を守るために、麻薬カルテルに立ち向かった女性弁護士もいました。彼女は、どのように行動し、最終的にはどうなったのでしょうか。

NEXT 麻薬カルテルに立ち向かった美人女性弁護士