モスバーガーおすすめメニュー34選!ジャンルごとにランキング形式で紹介

【1位】チリドッグ

トマトの風味と辛さ引き立つモスオリジナルのホットチリソースの味を1番楽しめるのがこちらのチリドッグ。ホットチリソースとソーセージの肉汁が合わさり味わい深いピリ辛な仕上がりになります。

トッピングされた刻みオニオンも味と食感に一役買ってくれています。単品価格350円、370kcalです。

ファーストフードとして人気のホットドッグはハンバーガーチェーンのみならず、コーヒーショップでの軽食としても人気を集めています。そのうちの1つがこちらのホットドッグです。

モスバーガーおすすめ「モスの菜摘部門」

silviarita / Pixabay

モスのバーガーでは一般的なパンのバンズ、ライスプレートを使ったライスバーガーとありますが、これは全く違った斬新なメニューです。菜摘とは、バンズの代わりにボリューム満点のレタスで具材をサンドした変わり種バーガーです。

パンや米を使わないことで炭水化物を抑え、低糖質ダイエットやカロリーを気にしている方にも安心して食べてもらうことができます。野菜をふんだんに採ることができるので健康志向の方にもぴったりです。

【3位】「モスの菜摘海老カツ」

ハンバーガー部門でも人気の海老カツバーガー具材をたっぷりシャキシャキレタスで挟んでいます。海老カツは揚げ物なので油分やカロリーを気にしてしまう方も、バンズ代わりにレタスが使われることでさっぱりと、カロリーも抑えられて食べやすいのではないでしょうか。

全体的に人気が高いですが、特に女性からの支持を得ているメニューです。単品価格390円、244kcalです。ハンバーガーの海老カツと価格が変わらないのが嬉しいポイント。カロリーはハンバーガーだと386kcal、菜摘だと244kcalなので142kcalもヘルシーです。

カツなどの揚げ物のカロリーが気になる方には太りにくい食べ方を紹介しているこちらの記事もご覧になってみてください。

【2位】「モスの菜摘テリヤキチキン」

テリヤキチキンバーガーの具材をまるっとシャキシャキレタスに挟んだ、糖質制限中に嬉しい低糖質メニューです。甘辛いこってりテリヤキソースにカロリーハーフマヨネーズとたっぷりのシャキシャキレタスが相性抜群です。

単品価格360円、183kcalです。テリヤキチキンバーガーと価格は変わらず、カロリーはハンバーガーでは304kcalなのに対し菜摘は183kcalで、121kcalも抑えられています。

【1位】「モスの菜摘モス野菜」

ただでさえ野菜が盛りだくさんのモス野菜バーガーの具材を、さらにたっぷりのシャキシャキレタスで挟んだ、まるで手づかみサラダのような感覚です。健康志向や、野菜中心の生活を心がけている方にぴったりの一品です。

菜摘モス野菜は特に野菜が多いため、具材がこぼれやすくなっています。食べる際は包み紙などを工夫してこぼれないよう注意してください。こちらは単品価格360円、207kcalです。

こちらもモス野菜バーガーと価格は変わらず、カロリーはハンバーガー347kcalなのに対し菜摘は207kcalなので、140kcalも抑えられています。

モスの菜摘シリーズ

菜摘シリーズは他の通常メニューにも適用することができます。上記ランキングの他に菜摘にできるものは以下のメニューになります。どれも価格は通常メニューと変わりません。

・モス菜摘フィッシュ(フィッシュバーガー)250kcal。バーガーでは392kcalなので142kcal差。

・モス菜摘ロースカツ(ロースカツバーガー)264kcal。バーガーでは408kcalなので144kcal差。

・モス菜摘ソイモス(ソイモス野菜バーガー)155kcal。バーガーでは295kcalなので140kcal差。

モスバーガーおすすめ「スープ部門」

kaboompics / Pixabay

こだわりのあるフードメニューですが、スープ系にもモスならではこだわりが詰まっています。いつもはハンバーガーに注目してしまうところですが、ドリンク代わりにスープも一緒に飲んでみてはどうでしょうか。

【2位】「コーンスープ」

北海道産のトウモロコシを玉ねぎと一緒にじっくりと炒め、ゆっくりと煮込んだこだわりのコーンスープです。そこに粗めに砕いたトウモロコシの粒を加えることで食感も楽しめます。

トウモロコシの旨みと甘みをぎゅっと詰めこんだ、体も気持ちも落ち着くようなホッとする一品です。価格310円、146kcalです。

NEXT 【1位】「クラムチャウダー」