【ロボトミー殺人事件】事件の概要や判決・桜庭章司の生い立ちや現在は?

「シャッターアイランド」

シャッター アイランド <div class=

[DVD]” width=”354″ height=”500″ />

Amazonで見る

この作品は比較的最近の2010年にレオナルド・ディカプリオ主演で公開されたサイコサスペンス映画です。

精神異常者を完全に隔離した島であるシャッターアイランドにて、数々の謎に翻弄されていき、ロボトミー手術を思わせる描写もあります。

ただしこの物語の謎があまりにも難解であり、1回見ただけでは理解できないと当時話題になりました。

「時計じかけのオレンジ」

時計じかけのオレンジ <div class=

[DVD]” width=”367″ height=”500″ />

Amazonで見る

こちらはアンソニー・バージェスが1962年に発表した同名の小説が元になって1971年に公開された映画です。

暴力とセックスなどの自由放任と管理された社会などを描いた社会風刺的作品で、実は直接的なロボトミーの表現はありません。

ただし、作中に登場するルドヴィコ療法は、後遺症が残る事は伏せられ、その療法自体は賞賛されるというロボトミー手術と重なる部分があります。

「女優フランシス」

女優フランシス <div class=

[DVD]
” width=”330″ height=”475″ />

Amazonで見る

1982年に公開されたアメリカ映画で、1930年代に活躍した悲劇の女優フランシス・ファーマーの人生を描いた伝記です。

ブロードウェイより、鳴り物入りでハリウッド進出した彼女は、順風満帆な生活から一転、薬に手を出し投獄、ロボトミー処置をされてしまいます。

実話を元に制作されていますが、最終的にロボトミー手術を受けてしまうという点は架空であり、そういった話も混ざっているのが特徴です。

まだまだあった!恐怖の精神病治療

qimono / Pixabay

世界にはロボトミー手術の他に、現在では考えられない「拷問的」な精神病治療が存在してました。精神病は不治の病とされていた当時の療法を紹介します。

NEXT インシュリンショック方法