下関通り魔殺人事件とは?上部康明の生い立ちやその後、犯行動機も紹介

3大通り魔事件③池袋通り魔殺人事件

ROverhate / Pixabay

こちらも下関通り魔殺人事件と共通点の多い通り魔殺人になります。先述でも少しご紹介しましたが、1999年9月8日に池袋の東急ハンズにて起こされた事件となります。

犯人である造田博は包丁を使って通行人を起こし、2人を死亡させ、6人に重軽傷を負わせました。彼は幼少期から不幸な生い立ちを味わっており、大人になってからも事業の失敗などを起こしています。

Daniel_Nebreda / Pixabay

また、今回の下関通り魔殺人事件が模倣される事件でもありますが、犯人の人選絶望した状況なども下関通り魔殺人事件の上部康明に通じるものがあります。

彼は逮捕後、自分の不幸な環境を攻めており、死刑判決を受け現在も東京高地所にて収監されている状態です。

その他秋葉原通り魔事件に関する記事はこちら

下関通り魔殺人事件のような犯人の共通点は?

3839153 / Pixabay

今回の下関通り魔殺人事件などの凄惨な出来事には、犯人像にどこか共通点があります。その共通点はどんな内容のものがあるか見ていきましょう。

下関通り魔殺人事件犯人の共通点①家庭環境

rob9040 / Pixabay

生い立ちの面で犯人にある共通点があるといわれています。やはり幼少期に育った家庭環境は大きく影響を受けていることが多いようで、いじめや虐待、過度なプレッシャーなどが人間を形成します。

その結果、下関通り魔殺人事件の犯人のように他社からの視線が気になったり、社会から拒否されているような感覚に陥る人間になってしまっていることが多々あるようです。

下関通り魔殺人事件犯人の共通点②精神的な疾患

Free-Photos / Pixabay

なんらかの精神的な疾患を患っているケースも多いようです。先述したように生い立ちも深くかかわってきますが、家庭環境も含め色々な要因で精神的な疾患にかかっている場合があります。

その結果他者とのかかわりが難しくなっているケースも多いのです。下関通り魔殺人事件の場合で言うと対人恐怖症ですが、社会や他者との関わり方が分からなくなり追い詰められているのです。

下関通り魔殺人事件のような事件を生まないためには?

geralt / Pixabay

下関通り魔殺人事件やそのほかの事件のように、こういった犯人を生まないために周囲にできることは何があるのでしょうか。一つは認めてあげて根気強く関わったり許してあげることだといわれています。

犯人は何かしらの原因で、どこか人や社会とのかかわりが難しくなっているケースが多いです。そして、いざ事件が起こって周囲に聴くと、そんなことをするようには見えなかったという答えが多いものです。

mielcar / Pixabay

逆を言えば周囲の認識と本人の人間性に大きく隔たりがあるということです。本質を分かっておらず、その人を正しく認識できていないことは、相談も行えない環境となり問題です。

こういった環境部分に少しでも貢献し、認めてあげるということは下関通り魔殺人事件のような不幸な犯人を生まないための方法としては必要なポイントのようです。

その他深川通り魔殺人事件に関する記事はこちら

下関通り魔殺人事件から見る社会の風潮

Free-Photos / Pixabay

下関通り魔殺人事件は一人の男子によって起こされました。彼の事情を知れば環境を恨みたくなるような気持ちもわかりますが、しかし決して許されることではありません。

今なお下関通り魔殺人事件のような事件は令和の時代になっても引き起こされます。二度と起こさないためにも、一人ひとり何が必要なのか、注意すべきなのかを考えていきましょう。

その他秋葉原通り魔事件に関する記事はこちら

その他深川通り魔殺人事件に関する記事はこちら