古田順子を襲った残虐事件の真相!女子高生コンクリート詰め事件の真実

古田順子は暴行に耐えられず「もう殺して」と懇願する

darksouls1 / Pixabay

悪魔の館から脱出できない以上、幸せは訪れないと悟ったのです。古田順子には歩く力も残っていませんでした。苦しみから逃れるには天に召されるしか方法はないとのことで、願い出たのです。

生き地獄ならば天国へ昇りたいと思ったはずです。17歳の未来ある少女に、最悪の言葉を言わせるほどの仕打ちを与えてきたのです。最期に家族の顔が見たいと思ったでしょう。

50kg代だった体重が35kgになっていた

Pexels / Pixabay

思春期の時期ですから、少女から大人へのステップアップするため、丸みを帯びたラインが形成されます。体重増加の傾向が現れるのですが、古田順子の場合は拒食症レベルまでやせ細ります。

小学生の体重になってしまっています。空腹を感じていたのも、後に全く気にならないくらい胃は麻痺していたのです。衰弱しすぎて噛む力もありませんでした。

古田順子の脳は発見時に萎縮して小さくなっていた

TheDigitalArtist / Pixabay

相当な永きに渡りストレスと闘っていたことを体内臓器が物語っています。虐待を経験した子供に症状が出ますが、古田順子も恐怖で委縮しています。

学習能力や感情を司る重要な役目をする臓器が、耐えられず縮こまってしまったのです。古田順子に迫りくる終生にヘルプ信号を出しています。

geralt / Pixabay

回路をストップさせることで、心臓は動いていますが死人のようになることもできるのです。彼女は体中に火をつけられても無反応であったことがあり、体も心も限界だったのです。

古田順子を襲ったコンクリ事件の犯人たちの詳細

Alexas_Fotos / Pixabay

心の通わない冷酷な10代の悪魔は、4人おります。当初は少年法でガードされ名前などの素性がブロックされておりました。

被害者古田順子の情報が蔓延する中で、容疑者がシークレットはおかしいと声が挙がり世に出回るようになりました。恐ろしいことにほぼ全員が再犯で捕まっていますが、まずは生い立ちについて順番にみていきます。

古田順子を襲った犯人①宮野裕史(主犯格)

Momonator / Pixabay

世間ではエリート家庭とみられるファミリーでありました。証券会社に勤務の父と音大を卒業後、特技を生かしピアノ講師として指導していた母がいます。

外目には優雅な生活に映りますが、親の亀裂は深く家庭内別居状態でありました。不仲な親を身近で見ながら成長していく宮野は、心が健全になりません。

stevepb / Pixabay

荒れた小学生時代を過ごし、高校時代には酷い体罰を経験していることで、暴力=悪の連鎖は繋がらなかったように思います。

将来の夢は少年院のリーダーになることでした。理由は悪いことをたくさんしてきたので気持ちがわかるからといいます。野球選手などスポーツ関連の夢が多い中で、ブラックすぎる答えには驚愕です。

TheDigitalArtist / Pixabay

出所後は振り込め詐欺に関わっており再犯しています。現在は改名をして横山姓を名乗りますが名だけ変えただけで中身は全く反省なく年を重ねます。

古田順子を襲った犯人②小倉譲

Vitabello / Pixabay

真面目な性格で、部活命の少年でしたが、不慮のケガで辞めなければいけなくなったところから、小倉の人生は崩壊します。非行へ走るようになりヤクザの雑用をしています。古田順子と巡り合わせた最初の男です。

優しい言葉で安心させながら、捕獲した男であります。家庭環境が複雑で、離婚はしていないものの父は愛人と生活しており、母子家庭のように育ちます。

ibrahim62 / Pixabay

当然貧しい暮らしを強いられ、次第に心まで 荒んでいったものと思われます。食べていくためスナックのママとして生計を立てますが、寝るときに母がいない家は暗くて寂しいものでした。

小倉の歪んだ精神が形成されたのは、家庭が根源のようです。中国女性と結婚したため神作譲になっています。気持ち新たに再出発かと思いきや、監禁事件を起こし再犯者となります。

NEXT 古田順子を襲った犯人③湊伸治