ブッチッパとは?素材にされる野獣先輩の汚い排泄音の元ネタと動画まとめ

悠木碧が演じたキャラ「トオル」と淫夢の出演者の名前が似ていた

さらに、「Aチャンネル」にて悠木碧が演じたキャラクターと「ザ・フェチ vol4」で登場した人物の名前がトオルと、名前が一致していたことから淫夢民からネタにされてしまいます。

この時に、悠木碧本人にも、少なからず淫無やブッチッパという言葉に注目されることになります。

悠木碧がブログを「ブッチッパ」というタイトルで投稿

Free-Photos / Pixabay

2012年3月28日に、悠木碧のブログ「もったりあんぜりか」で、「ぶっちっぱ」と平仮名のタイトルで記事を投稿します。悠木碧は、ネタにされ風評被害に遭うだけでなく、自ら淫無の世界に足を踏み入れます。

ミニアルバムのタイトルが「ブティパ」と「ブッチッパ」似ている

Bru-nO / Pixabay

2012年3月28日ブログと同日に、悠木碧はミニデビューアルバム「プティパ」を発売しました。ブログのタイトルが「ぶっちっぱ」であることも、「プティパ」を宣伝するためといえます。

しかし、悠木碧は淫夢民からネタにされていることを認知していたため、明らかに野獣先輩の「ブッチッパ」を意識したブログのタイトルをつけたことが分かります。

悠木碧はネットで淫夢民声優として扱われる

ijmaki / Pixabay

悠木碧はこの他にも、ミニアルバムの中の「回転木馬としっぽのうた」や自身が出演しているラジオでもホモ関連の事をネタにされ、すっかり淫夢民声優の代表格的存在として、ネットで取り上げられました。

『撃槍・ガンニグール」がホモソングに登録される

DieterRobbins / Pixabay

真夏の夜の淫無のホモソングとして認定された曲集としてアップロードされた動画の中に、悠木碧の「撃槍・ガングニール」が収録されていました。

これは、タイトルの撃槍や詞の人のぬくもり、イっちゃえなど、数多くの淫無を連想させる言葉が使用されていたためだと言えます。

悠木碧の2ndアルバム「メリバ」でも、「ポポン・・・ポン!」や「サンクチュアリ・アリス」など、次々と淫無を連想させる作品を世に出し続けて、悠木碧と「ブッチッパ」との関係はヒートアップしていきます。

遊戯王の主題歌歌う事になってもネタにされる

DawnyellReese / Pixabay

悠木碧は、遊戯王ゼアルⅡの新しいオープニング曲を声優の竹達彩奈と組んだ新ユニット「petit milady」(プチミレディ)として、担当することになりました。

しかし、もともと遊戯王は淫夢民によくネタにされていたため、これも悠木碧のブログのコメントなどで盛大にネタにされました。

「あおい・さおりの新番組(;´・ω・)」で淫夢語録を使いこなす

「あおい・さおりの新番組(;´・ω・)」では、「微レ存」というネット用語を説明しなさいと言ったクイズに答え、見事正解した際に、「やったぜ。」と淫夢語録を披露し、悠木碧も淫夢民であることを証明しました。

淫夢は風評被害で知った可能性も?

darksouls1 / Pixabay

悠木碧は、上記で説明してきた「Aチャンネル」や「撃槍・ガングニール」の淫夢民からの風評被害によって淫夢や「ブッチッパ」を認知したと言えます。そして、悠木碧自身も淫夢民となってしまいました。

NEXT 恐ろしい「ブッチッパ病(淫夢病)」も流行している