目黒大樹(松方弘樹の息子)の現在は?ホームレス支援NPOの副理事長?

矢沢永吉の娘・矢沢洋子

日本のロックシーン、音楽シーンに絶大な影響を与えたロックミュージシャンのYAZAWAこと「矢沢永吉」の実の娘です。

実の母親は、アメリカ人でありクォーターであり、10代の大半をアメリカ合衆国で過ごし、日本では父の後を追うようにミュージシャンとしてデビューを果たしています。

関根麻里、IMALU、穂乃果などの女性友人たちと「2世会」を誕生させて、仲良く交流を図っているようです。

西川きよし・西川ヘレンの娘・西川かの子

後輩芸人たちからモノマネされたり、何かとネタにされることが多い「西川きよし」「西川ヘレン」夫妻の実の娘です。

既に年齢が45歳であり、お子さんが4人いて現在では目立った芸能活動はしていないようです。彼女も今世間を騒がせている、闇営業でお馴染みの吉本興業に所属していたようです。

しかしながらお笑い芸人ではなく、タレントとして活動していたようです。

目黒大樹が通った母校

ninocare / Pixabay

今回の記事でクローズアップしている、過去も今も情報が非常に少ない、目黒大樹氏はその家系、親族が芸能界と精通しています。

そんな芸能一家の1人である彼が少年時代に過ごした母校もまた、数々の著名人・芸能人を輩出している名門学校なのです。こちらではその学校を掘り下げてご紹介していきます。

暁星中学校・高等学校

私立の中高一貫校であり、中学以前から進学した者のしか高校に進めないシステムとなっており、他にも同じ学校法人が運営する幼稚園・小学校が存在します。

キリスト教に基づく教育を行い、英語のほかフランス語も主体としたカリキュラムが組まれています。

目黒大樹氏がいつの年頃から同学園に入学したのかは定かでありませんが、幼い少年時代の大半を過ごすことになった1つの大きな舞台となったことは間違いありません。

著名人・芸能人を多く輩出

Free-Photos / Pixabay

政治家や小説化、音楽家などの著名人の多くの母校となっていて、有名な歌舞伎役者の多くが同学園に通い卒業しています。

芸能に携わることになった有名な人物は「香川照之」「グッチ裕三」「モト冬樹」など他にも多くの名前が挙がります。

ホリプロ・シダックス・講談社の社長らといった、実業家までも輩出している、まさに名門校として知られているのです。

目黒大樹は現在ホームレス支援NPO副理事長の元俳優

Free-Photos / Pixabay

今回の記事でピックアップした、目黒大樹氏は、その名はあまり知られていませんが、あの大物俳優で偉大な松方秀樹が実の父親で、2世タレントだったのです。

またその親族たちの多くは表立った舞台、テレビに出演するような人物が多く芸能一家として知られ、目黒大樹氏自身も過去には、偉大な父の後を追うように、俳優として活動していました。

現在は私たちの前から姿を消して、芸能界を去ってしまいましたが、ホームレスをサポートする非営利活動法人の副理事長として勤めています。近況などがほぼ謎に包まれていますが、今後の活躍に期待しましょう。

草刈雄士に関する記事はこちら

高峰三枝子に関する記事はこちら