意外と簡単にできる!?バーベキューコンロを自作しよう!

自作アルミ缶、一斗缶バーベキューコンロの注意点

一斗缶は耐久性がないので、ほぼ一回きりの使用で終わることになると思いますが、低コストで場所を選ばずできる点などメリットは多いのですが、バーべキュー中はかなり高温になるので火傷などには注意してください。また、一斗缶を使用する際は、切り裂いた部分が危険なので気をつけてください。

バーベキューコンロの作り方②

自作U字溝バーベキューコンロの作り方①

U字溝に直接、炭を置いてじっくり焼くこともできますが、焼き網との距離ができてしまいますので、使わなくなった網や小石などの上に炭を置くのも良いでしょう。この時に、レンガやブロックなどで底上げしても構いません。敷き詰めた網の上に炭を置きます。新品の焼き網をのせてS字フックで網を止めれば完成です。

自作U字溝バーベキューコンロの作り方②

U字溝バーベキューコンロも比較的簡単に始めれますが、炭の量を多く使用します。最低3Kgは準備が必要なので注意してください。また風を受けやすいので、片側をふさいで火力をあげたり調整してみてください。

バーベキューコンロの作り方③

自作レンガバーベキューコンロの作り方

レンガバーベキューコンロは、意外と初心者でも簡単に作ることができます。焼き網の大きさに合わせてレンガを置いていきます。1段目は灰を受ける為に、受け皿を置くかレンガを置きます。2段目を置くときには、炭を置く網を置きます。その際に、炭を置く為の網を置けるようレンガを置くときにずらして置くとよいでしょう。最後に焼き網を置いて完成です。

自作レンガバーベキューコンロの注意点

レンガコンロを積んでいく際に、詰めて積み上げると空気が入る隙間がなくなるので、炭が燃えやすいよう隙間をあけていくことがポイントです。後は、固定していないのでズレや落下する可能性があるので注意です。庭に備付ける場合は接着剤等で固定することを おすすめします。

意外と簡単バーベキューコンロ

植木鉢

自作コンロを作るのに、購入するだけでばく意外と自宅にあるもので、バーベキューコンロは作れます。それは植木鉢です。ブロック等の上に大きめの植木鉢をのせて焼き網をのせれば完成です。植木鉢は底に穴が開いているものを使用してください。

ブロックや石

その他には、大きめの石や使用しなくなったブロックやレンガなどがあれば、レンガコンロを作る際と同様にバーベキューコンロができます。注意点は、火が通る空気穴を作って積みあげることと、炭を受けるトレイなどを準備しておけばOKです。

NEXT バーベキューコンロ自作のメリット①